AMEDの医療研究開発の概況―AMS(AMED Management System)による分析―

AMEDでは、支援している研究開発課題を網羅的に把握・管理し、効率的なマネジメントを行うため、業務用のデータベース「AMED Management System(以下、AMS)」を開発しています。

AMSには、AMEDの研究開発事業に採択された全ての課題についての契約に基づく情報(事業名、採択課題名、研究代表者、金額等)が入力されています。さらに、平成28年度からは、採択課題を管理する事業の担当者が研究の性格等の「研究開発タグ」を付与しています(参考資料参照)。

AMEDでは、AMSに蓄積したデータをAMEDの研究開発事業全体のポートフォリオマネージメント等に活用していくことを検討しています。また、AMSデータをもとに、AMEDによる医療研究開発支援の概況をとりまとめ、周知を図っていくこととしています。このたび、平成28年度における概況を試行的にとりまとめましたので、公表します。

集計結果を見る際の留意点

最終更新日 2017年8月23日

知的財産

研究公正