平成29年度「創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業」の採択課題について

平成29年3月22日

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、平成29年度「創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業」に係る公募について、課題評価委員会(事前評価)(別紙)において厳正な審査を行った結果、下記のとおり採択課題を決定しましたのでお知らせいたします。

1. プラットフォーム機能最適化ユニット/ネットワーク型
研究開発課題代表機関研究開発代表者職名
創薬等ライフサイエンス研究を促進する研究支援とデータサイエンス 早稲田大学(お茶の水女子大学) 由良 敬 教授
2. 構造解析ユニット(構造解析領域)/ネットワーク型
研究開発課題代表機関研究開発代表者職名
創薬等ライフサイエンス研究のための相関構造解析プラットフォームによる支援と高度化 理化学研究所 山本 雅貴 放射光科学総合研究センター 利用システム開発研究部門 部門長
3. 構造解析ユニット(タンパク質生産領域)/個別型
研究開発課題代表機関研究開発代表者職名
次世代構造創薬研究を先導するヒト膜タンパク質・抗体の生産技術支援 京都大学 岩田 想 教授
クライオ電子顕微鏡のフィードバックに基づく膜タンパク質複合体の生産と技術支援 名古屋大学 大嶋 篤典 准教授
哺乳類細胞発現系を用いた創薬関連高難度ヒト膜タンパク質の生産から結晶化へ向けたワンストップ支援とその高度化 東京大学 小川 治夫 准教授
抗体関連高度開発支援と糖鎖細胞工学による高度化 東北大学 加藤 幸成 教授
全自動大規模結晶化スクリーニングシステムを用いたX線結晶構造解析の支援と高度化 高エネルギー加速器研究機構 加藤 龍一 准教授
エピジェネティクス研究と創薬のための再構成クロマチンの生産と性状解析 早稲田大学 胡桃坂 仁志 教授
コムギ無細胞系による構造解析に適した複合体タンパク質生産・調製技術と低分子抗体作製技術の創出 愛媛大学 澤崎 達也 教授
統合的構造解析に向けた高難度複合体の生産支援と高度化 理化学研究所 白水 美香子 ライフサイエンス技術基盤研究センター 副センター長
Structure-based protein designを駆使した抗体代替物の創成と高難度組換え蛋白質生産の支援 大阪大学 高木 淳一 教授
無細胞タンパク質合成法、非天然型アミノ酸導入法等による高難度タンパク質の生産と解析 理化学研究所 横山 茂之 上席研究員
4. ケミカルシーズ・リード探索ユニット(ライブラリー・スクリーニング領域)/ネットワーク型
研究開発課題代表機関研究開発代表者職名
実践創薬ナレッジとイノベーションで拓くリード創出 東京大学 小島 宏建 特任教授
創薬基盤の融合による戦略的イノベーション創出 大阪大学 辻川 和丈 教授
5. ケミカルシーズ・リード探索ユニット(ライブラリー・スクリーニング領域)/個別型
研究開発課題代表機関研究開発代表者職名
大村天然化合物ライブラリーの基盤構築と創薬研究ネットワークの確立による創薬リード創製 北里大学 岩月 正人 准教授
グリーンファルマを基盤にした創薬オープンイノベーションの推進 九州大学 大戸 茂弘 教授
特殊ペプチド探索技術が加速する生命科学と創薬の支援 東京大学 菅 裕明 教授
リード創製を指向した物理化学的品質評価技術の開発と支援 東京大学 津本 浩平 教授
臨床研究につなぐワンストップ創薬支援 京都大学 萩原 正敏 教授
ポスト抗体医薬:進化分子工学による分子標的ペプチドの開発 大阪府立大学 藤井 郁雄 教授
化合物ライブラリーを基盤とした北のアカデミア発創薬の加速 北海道大学 前仲 勝実 教授
オープンイノベーションを基軸としたアカデミア創薬の推進 東北大学 山本 雅之 教授
6. ケミカルシーズ・リード探索ユニット(構造展開領域)/個別型
研究開発課題代表機関研究開発代表者職名
遺伝子発現制御と塩基配列認識を基盤とするライブラリー創薬支援 京都大学 杉山 弘 教授
ヒット化合物の迅速プローブ化技術の高度化による創薬・生命科学研究支援 東京医科歯科大学 細谷 孝充 教授
最先端の合成テクノロジーに立脚した自在な構造展開を可能にする創薬拠点 東北大学 山口 雅彦 教授
多彩な天然物合成と反応開発が加速させる創薬研究 名古屋大学 横島 聡 准教授
7. バイオロジカルシーズ探索ユニット/個別型
研究開発課題代表機関研究開発代表者職名
先進メチローム解析の支援と高度化 九州大学 伊藤 隆司 教授
生体試料を用いた大規模機能ゲノミクス解析による創薬等支援及び技術基盤の整備(高度化) 理化学研究所 カルニンチ ピエロ ライフサイエンス技術基盤研究センター 副センター長
ゲノム高次構造と転写ネットワークの統合的理解に向けた技術開発 東京大学 白髭 克彦 教授
創薬等支援のための1細胞・微小生体組織のトランスクリプトーム解析 早稲田大学 竹山 春子 教授
8. インシリコユニット/個別型
研究開発課題代表機関研究開発代表者職名
分子動力学計算による構造生物学データを活用した構造ダイナミクス研究 横浜市立大学 池口 満徳 教授
生薬データベースの高度化と構造創薬への応用 奈良先端科学技術大学院大学 金谷 重彦 教授
モデリングとシミュレーションによる生体高分子の構造機能解析 量子科学技術研究開発機構 河野 秀俊 量子生命科学研究部 グループリーダー
バイオマーカーおよび治療法開発を加速するデータ駆動型モデリング 大阪大学 Daron Standley 教授
大規模分子シミュレーションによるインシリコスクリーニング支援と構造インフォマティクス技術の高度化 東京工業大学 関嶋 政和 科学技術創成研究院スマート創薬研究ユニット ユニットリーダー/准教授
タンパク質の複合体構造・分子間相互作用・ダイナミクス・機能の予測と解析 東京大学 寺田 透 特任准教授
タンパク質の高次構造情報を利用した創薬等研究加速に向けたバイオインフォマティクス研究 産業技術総合研究所 富井 健太郎 人工知能研究センター 研究チーム長
分子モデリングおよびシミュレーションを活用したインシリコ創薬支援 産業技術総合研究所 広川 貴次 創薬分子プロファイリング研究センター 研究チーム長
構造インフォマティクスとFMO計算を融合したインシリコスクリーニング支援研究 理化学研究所 本間 光貴 ライフサイエンス技術基盤研究センター チームリーダー
参考ページ

お問い合わせ先

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
戦略推進部 医薬品研究課 創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業担当
電話: 03-6870-2219
E-mail: 20-DDLSG-16"AT"amed.go.jp

※E-mailアドレスの"AT"の部分を@に変えてください。

最終更新日 2017年3月22日

知的財産

研究・公正

AMEDの医療研究開発の概況