平成29年度「再生医療実現拠点ネットワークプログラム(疾患特異的iPS細胞の利活用促進・難病研究加速プログラム)」に係る公募について

平成29年2月20日

種別 公募 分野 医薬品創出,希少・難治性疾患に対応した研究
研究期間 (最長) 5年以上 公募締め切り 平成29年4月3日 研究開発費 5千万~1億円未満

公募概要

国立研究開発法人 日本医療研究開発機構では、平成29年度「再生医療実現拠点ネットワークプログラム(疾患特異的iPS細胞の利活用促進・難病研究加速プログラム)」に係る公募を行います。詳細につきましては、公募要領をご覧ください。

研究分野等予算規模研究開発実施予定期間採択課題予定数
研究拠点Ⅰ
疾患特異的iPS細胞を用いて疾患メカニズムを解明し、表現型解析や疾患モデリングなど解析技術の高度化を行います。その成果を基に、創薬のためのスクリーニング系の確立を行います。
1課題当たり年間
60,000~90,000千円程度(間接経費を含む)
6年間(平成29年度~平成34年度)
3年度計画を基本とし、課題評価を行い、さらに3年間の延長が認められる場合もあります。提案書は6年度の計画として作成してください。
0~6課題程度
研究拠点Ⅱ
疾患特異的iPS細胞を用いて疾患メカニズムを解明し、表現型解析や疾患モデリングなど解析技術の高度化を行います。
1課題当たり年間
40,000~60,000千円程度(間接経費を含む)
3年間(平成29年度~平成31年度) 0~6課題程度
バンク活用促進課題
理研BRCに寄託された細胞の利活用促進のために、付随する情報や品質の管理、分譲までの加速等を行います。
1課題当たり年間
50,000千円程度(間接経費を含む)
3年間(平成29年度~平成31年度) 0~1課題程度
iPS細胞樹立課題
健常人や我が国特有の疾患のiPS細胞株を樹立し、多型情報や、分化効率の情報等を付随させます。iPS細胞樹立技術の移転・普及を行います。
1課題当たり年間
50,000千円程度(間接経費を含む)
3年間(平成29年度~平成31年度) 0~1課題程度

事業内容

平成24~28年度の間、再生医療実現拠点ネットワークプログラム「疾患特異的iPS細胞を活用した難病研究」が実施され、構築された研究基盤やそこで樹立されたiPS細胞を用いた研究により、疾患・創薬研究への道筋が示されました。これらの成果を最大限に活用し、疾患特異的iPS細胞を用いた疾患発症機構の解明、創薬研究や予防・治療法の開発等をさらに加速させるとともにiPS細胞の利活用を促進することにより、iPS細胞等研究の成果を速やかに社会に還元することを目指します。

事業の案内ページ

対象者

本事業は、機関を対象として公募します。そのため、課題の申請は機関の長が行うものとし、申請機関は、研究機関等とします。本事業において必須な共同研究を実施する場合、かつ、AMEDからの研究開発費の支援が必要な場合において、大学等や企業等は分担機関として参加することが可能です。

公募期間(※4月6日更新)

平成29年2月20日(月)~平成29年4月3日(月)正午 厳守
※全ての研究開発提案書類等について、期限を過ぎた場合には一切受理出来ませんのでご注意ください。
※応募を締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

ヒアリング審査日程(※4月6日追加)

平成29年5月30日(火)、5月31日(水)、6月2日(金)
※ヒアリング審査を実施する場合は、対象課題の研究開発代表者に対して、原則としてヒアリング審査の1週間前までに電子メールにてご連絡いたします。

説明会(※3月9日更新)

※3月9日追記:公募説明会は終了しました。ご参加ありがとうございました。

開催日:平成29年3月3日(金)14時00分~16時00分(受付13時30分から)
会場:国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 20階 205会議室
東京都千代田区大手町1-7-1読売新聞ビル

参加申込締切:3月2日(木)正午

動画配信のご案内(※3月9日追加)

説明会当日の様子を外部の動画配信サービス(USTREAM)で配信しております。

»配信ページ外部サイトへ移動します

視聴される方は、右側のボタンをクリックして表示される日本医療研究開発機構(AMED)公式チャンネルよりご覧ください。

応募方法(※3月29日更新)

研究開発提案書類等は、e-Radで期限内に提出してください。
詳細は、公募要領の「Ⅲ.公募・選考の実施方法」及び「Ⅳ.提案書の作成と注意」を中心にご参照ください。

※3月29日追記:研究代表者は機関の長の承認を得、応募は機関の長(e-Rad事務責任者)からのみとなります。これで応募は完了します。

応募先

お問い合わせ先

〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目7番1号 読売新聞ビル22階
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 戦略推進部再生医療研究課
再生医療実現拠点ネットワークプログラム(疾患特異的iPS細胞の利活用促進・難病研究加速プログラム)
公募担当
E-mail:saiseinw“AT”amed.go.jp
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。
※お問い合わせは必ずE-mailでお願いいたします。

資料(※3月29日更新)

関連リンク

 

最終更新日 2017年3月29日

知的財産

研究・公正