平成29年度「再生医療実現拠点ネットワークプログラム(疾患特異的iPS細胞の利活用促進・難病研究加速プログラム)」の採択課題について

平成29年7月11日

国立研究開発法人日本医療研究開発機構
戦略推進部 再生医療研究課

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、平成29年度「再生医療実現拠点ネットワークプログラム(疾患特異的iPS細胞の利活用促進・難病研究加速プログラム)」における採択課題を決定しました。

平成24~28年度の間、再生医療実現拠点ネットワークプログラム「疾患特異的iPS細胞を活用した難病研究」が実施され、構築された研究基盤やそこで樹立されたiPS細胞を用いた研究により、疾患・創薬研究への道筋が示されました。これらの成果を最大限に活用し、疾患特異的iPS細胞を用いた疾患発症機構の解明、創薬研究や予防・治療法の開発等をさらに加速させるとともにiPS細胞の利活用を促進することにより、iPS細胞等研究の成果を速やかに社会に還元することを目指します。

採択課題は、課題評価委員会において厳正な審査を行い、以下のとおり決定しました。

研究拠点Ⅰ

疾患特異的iPS細胞を用いて疾患メカニズムを解明し、表現型解析や疾患モデリングなど解析技術の高度化を行います。その成果を基に、創薬のためのスクリーニング系の確立を行います。

研究開発課題名研究開発代表者
所属役職氏名
神経疾患特異的iPS細胞を活用した病態解明と新規治療法の創出を目指した研究 慶應義塾大学医学部 医学部長/教授 岡野 栄之
疾患iPS細胞を活用した難治性血液・免疫疾患の病態解明と治療法開発 京都大学iPS細胞研究所 准教授 齋藤 潤
筋疾患に対する治療薬の創出を目指した研究 京都大学iPS細胞研究所 准教授 櫻井 英俊
難治性骨軟骨疾患に対する革新的iPS創薬技術の開発と応用 京都大学ウイルス・再生医科学研究所/iPS細胞研究所 教授/副所長 戸口田 淳也
ヒトiPS細胞を用いた呼吸器難病の病態機序の解明と新規創薬基盤の確立 京都大学大学院医学研究科 教授 平井 豊博
難治性心筋症疾患特異的iPS細胞を用いた集学的創薬スクリーニングシステムの開発と実践 大阪大学大学院医学系研究科 特任教授 宮川 繁

研究拠点Ⅱ

疾患特異的iPS細胞を用いて疾患メカニズムを解明し、表現型解析や疾患モデリングなど解析技術の高度化を行います。

研究開発課題名研究開発代表者
所属役職氏名
疾患特異的iPS細胞をもちいた小児難治性疾患の統合的理解と創薬開発 大阪大学医学部附属病院 講師 北畠 康司
iPS細胞由来心筋細胞を活用した遺伝性拡張型心筋症の病態解明と治療薬開発 東京大学医学部附属病院 教授 小室 一成
疾患モデル高度化による視床下部・下垂体難病研究 名古屋大学医学部附属病院 講師 須賀 英隆
疾患特異的iPS細胞を用いた下垂体疾患モデルの創出を目指した研究 神戸大学医学部 准教授 高橋 裕
疾患特異的iPS細胞を用いた遺伝性腎疾患の病態解明拠点 熊本大学発生医学研究所 教授 西中村 隆一
小児てんかん性脳症の革新的創薬を見据えた病態解析 福岡大学医学部 教授 廣瀨 伸一
疾患iPS細胞由来3D心臓組織による新しい不整脈モデルを用いた遺伝性心疾患の病態解析と治療応用 京都大学iPS細胞研究所  教授 山下 潤
早老症疾患特異的iPS細胞を用いた老化促進メカニズムの解明を目指す研究 千葉大学大学院医学研究院 教授 横手 幸太郎

バンク活用促進課題

理研BRCに寄託された細胞の利活用促進のために、付随する情報や品質の管理、分譲までの加速等を行います。

研究開発課題名研究開発代表者
所属役職氏名
疾患特異的iPS細胞バンク事業 理化学研究所バイオリソースセンター 室長 中村 幸夫

iPS細胞樹立課題

健常人や我が国特有の疾患のiPS細胞株を樹立し、多型情報や、分化効率の情報等を付随させます。iPS細胞樹立技術の移転・普及を行います。

研究開発課題名研究開発代表者
所属役職氏名
日本人健常人集団由来iPS細胞株の構築 京都大学iPS細胞研究所 所長/教授 山中 伸弥

(研究代表者50音順)

お問い合わせ先

〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目7番1号 読売新聞ビル22階
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 戦略推進部再生医療研究課
再生医療実現拠点ネットワークプログラム
(疾患特異的iPS細胞の利活用促進・難病研究加速プログラム)担当
E-mail:saiseinw“AT”amed.go.jp Tel:03-6870-2220
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。
※お問い合わせは必ずE-mailでお願いいたします。

 

最終更新日 2017年7月11日

知的財産

研究・公正

AMEDの医療研究開発の概況