平成29年度「再生医療の産業化に向けた評価基盤技術開発事業(再生医療等の産業化に向けた評価手法等の開発)」の採択課題について

平成29年6月16日

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、平成29年度「再生医療の産業化に向けた評価基盤技術開発事業(再生医療等の産業化に向けた評価手法等の開発)」(公募期間:平成29年3月10日から平成29年4月12日) を実施する委託先について、課題評価委員会において厳正な審査を行った結果、以下の通り、採択研究課題を決定しましたのでお知らせいたします。

本事業では、我が国の再生医療製品等の優れた技術シーズの製品化を促進させるべく、承認審査、適合性評価等に当たって事業者が示すべき安全性等の論拠の作成に資する評価手法の開発を行います。

研究課題名代表機関研究代表者所属 役職
同種軟骨細胞シートのための有効性品質評価手法の開発 株式会社セルシード 橋本 せつ子 代表取締役社長
半月板再生製品としての滑膜幹細胞の製造・販売承認に向けた検討:品質管理項目の検証と非侵襲評価法の開発 国立大学法人東京医科歯科大学 関矢 一郎 統合研究機構
再生医療研究センター 教授
臍帯由来間葉系細胞の大量培養技術(浮遊培養法)の開発と同等性評価 ロート製薬株式会社 石井 強 再生医療研究企画部 グループマネージャー
(代表機関50音順)

関連リンク

お問い合わせ先

〒100-0004  東京都千代田区大手町1丁目7番1号 読売新聞ビル22階
国立研究開発法人日本医療研究開発機構
戦略推進部再生医療研究課 再生医療産業化担当
E-mail : saisei2"AT"amed.go.jp  ※"AT"を@に変えてください。

最終更新日 2017年6月16日

知的財産

研究・公正