平成28年度「脳科学研究戦略推進プログラム」の採択課題について(その1)

平成28年3月16日

国立研究開発法人日本医療研究開発機構
戦略推進部 脳と心の研究課

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、平成28年度「脳科学研究戦略推進プログラム」に係る公募の研究開発課題について、課題評価委員会(別紙)において厳正な審査を行った結果、下記の通り選定いたしましたのでお知らせいたします。

※4月12日追記:課題評価委員一覧へのリンクを追加しました。

臨床と基礎研究の連携強化による精神・神経疾患の克服(融合脳)

精神・神経疾患の克服に関する研究

認知症等の克服に関する研究
研究開発課題名代表機関名研究開発代表者名
新機軸アミロイド仮説に基づくアルツハイマー病の包括的治療開発 国立大学法人東京大学 岩坪 威
前頭側頭型認知症の分子標的治療薬・バイオマーカー開発によるdisease-modifying therapyへの展開 国立大学法人名古屋大学 祖父江 元
血液脳関門通過型抗アミロイドβオリゴマー抗体の創生によるアルツハイマー病の分子イメージング診断、治療法の開発及び発症メカニズムの解明 国立大学法人東京医科歯科大学 横田 隆徳
孤発性アルツハイマー病アミロイド蓄積の原因に即した治療薬と診断用バイオマーカーの開発 国立大学法人長崎大学 岩田 修永
レビー小体病の早期診断技術と根本治療薬の開発 国立大学法人東北大学 福永 浩司
発達障害・統合失調症等の克服に関する研究
研究開発課題名代表機関名研究開発代表者名
新規オキシトシン製剤を用いた自閉スペクトラム症の革新的治療法の開発と治療効果予測技術の開発、および発症とその改善効果発現のメカニズム解明に基づく次世代治療薬シーズの創出 国立大学法人東京大学 山末 英典
細胞内代謝・ダイナミクス制御から切り拓く発達障害・統合失調症の病理の解明・新規治療法の開発 国立研究開発法人理化学研究所 吉川 武男
統合失調症と自閉スペクトラム症のゲノム解析結果を活かした診断法・治療法開発 国立大学法人名古屋大学 尾崎 紀夫
発達障害・統合失調症・てんかん等の鑑別、病態、早期診断技術及び新しい疾患概念に基づいた革新的治療・予防法の開発 公益財団法人東京都医学総合研究所 糸川 昌成
うつ病・双極性障害等の克服に関する研究
研究開発課題名代表機関名研究開発代表者名
うつ病の病態に基づく層別化と神経回路調整による革新的診断・治療法開発 国立大学法人広島大学 山脇 成人
遺伝環境相互作用に基づく気分障害の新規治療・診断法の開発 学校法人藤田学園藤田保健衛生大学 岩田 仲生
栄養・生活習慣・炎症に着目したうつ病の発症要因解明と個別化医療技術開発 国立大学法人東北大学 富田 博秋
リソースの整備・普及のための研究
研究開発課題名代表機関名研究開発代表者名
日本ブレインバンクネットの構築 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 齊藤 祐子

脳科学研究に関する倫理的・法的・社会的課題(ELSI)の研究

研究開発課題名代表機関名研究開発代表者名
脳科学研究の倫理的・法的・社会的課題の解決に関する研究 国立大学法人東京大学 瀧本 禎之

BMI技術と生物学の融合による治療効果を促進するための技術開発(BMI技術拡充)

研究開発課題名代表機関名研究開発代表者名
経頭蓋的集束超音波による革新的な脳梗塞再生治療法の開発 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 関 和彦
中枢神経回路の再編成を制御するBMI技術と生物学的手法の構築 国立大学法人大阪大学 山下 俊英

お問い合わせ先

〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目7番1号 読売新聞ビル22階
戦略推進部 脳と心の研究課
脳科学研究戦略推進プログラム 公募担当(石野、小林、星野、山﨑、塚本)
E-mail:brain-pm“AT”amed.go.jp Tel:03-6870-2222

※お問い合わせは必ずE-mailでお願いいたします。
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。

最終更新日 2016年4月12日

知的財産

研究・公正

AMEDの医療研究開発の概況