平成28年度「脳科学研究戦略推進プログラム」の採択課題について

平成28年10月11日

国立研究開発法人日本医療研究開発機構
戦略推進部 脳と心の研究課

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、平成28年度「脳科学研究戦略推進プログラム」に係る公募の研究開発課題について、課題評価委員会(別紙)において厳正な審査を行った結果、下記の通り選定いたしましたのでお知らせいたします。

(1)臨床と基礎研究の連携強化による精神・神経疾患の克服(融合脳)

認知症等の克服に関する研究

革新的治療法を目指したシーズ探索型基盤研究
研究開発課題名代表機関名研究開発代表者名
タウ蛋白質の分解異常に由来する認知症、神経疾患に対する診断法、治療法の開発研究 東京医科歯科大学 清水 重臣
認知症関連シード制御機構の解明と治療基盤の開発 同志社大学 貫名 信行
睡眠の質の改善による認知症の症状の改善の試み 筑波大学 林 悠
神経炎症制御を標的としたアルツハイマー病の治療薬シーズ探索 名古屋大学 山中 宏二
革新的治療法を実現するための実証的研究
研究開発課題名代表機関名研究開発代表者名
新たな作用機序を介する分子を標的としたアルツハイマー病の予防的治療法の実証的研究 滋賀医科大学 西村 正樹

(2)柔軟な環境適応を可能とする意思決定・行動選択の神経システムの研究(意思決定)

柔軟な意思決定・行動選択の解析・評価手法の開発
研究開発課題名代表機関名研究開発代表者名
社会的な意思決定と行動制御のシステム的理解に向けた研究手法の開発 自然科学研究機構 磯田 昌岐
社会行動選択に必要なマーモセット視床下部内意思決定回路機構の解明 理化学研究所 黒田 公美
意思決定関連システムの機能検証技術の開発
研究開発課題名代表機関名研究開発代表者名
新規逆行性遺伝子操作法によるマカク大脳連合野・基底核回路への機能的介入・記録技術の開発 理化学研究所 田中 啓治
霊長類大脳基底核の意思決定最終出力表現の検証技術開発 東京大学 松崎 政紀
化学遺伝学イメージング:神経路の可視化と操作による意思決定ネットワークの解明 量子科学技術研究開発機構 南本 敬史
ヒトの行動選択の基盤となる神経システムの研究
研究開発課題名代表機関名研究開発代表者名
柔軟な意思決定の基盤となる神経回路に関するヒトと非ヒト科霊長類を用いた統合的研究 京都大学 伊佐 正

お問い合わせ先

〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目7番1号 読売新聞ビル22階
戦略推進部 脳と心の研究課
脳科学研究戦略推進プログラム 公募担当(融合脳:山﨑・所/意思決定:星野・所)
E-mail:brain-pm“AT”amed.go.jp Tel:03-6870-2222

※お問い合わせは必ずE-mailでお願いいたします。
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。

最終更新日 2016年10月11日

知的財産

研究・公正

AMEDの医療研究開発の概況