平成27年度「感染症研究国際展開戦略プログラム」に係る公募(追加公募)について

平成27年7月29日

種別 公募 分野 新興・再興感染症に対応した研究
研究期間 (最長) 3年 公募締め切り 平成27年8月19日 研究開発費 1千万~5千万円未満

公募概要

国立研究開発法人日本医療研究開発機構では、平成27年度「感染症研究国際展開戦略プログラム(追加公募)」を実施(受託)する機関および研究者を以下の要領で広く募集します。

事業内容

アジア・アフリカの新興・再興感染症の流行国あるいは流行が想定される国に海外研究拠点を展開し、各地で蔓延する感染症の疫学研究を進めて国内感染症対策に資する情報を国立感染症研究所と共有するとともに、新たな診断・治療薬やワクチンの開発に向けた基礎的研究を推進し、創薬支援ネットワーク*1と連携して実用化を目指します。主な研究対象はインフルエンザ、デング熱、薬剤耐性菌、下痢症感染症(以下「4大重点課題」という。)とし、その他、結核、エイズ、小児重症肺炎、チクングニア熱など、我が国への侵入リスクや疾患の重篤度などを考慮した国内ニーズに基づいた感染症を研究対象とします。また、海外研究拠点を全国の大学や研究機関に開かれた研究拠点とし、国内の研究機関との共同研究、共通課題ごとの拠点間の連携を推進します。高度専門人材の育成を図るため、国立感染症研究所等と連携し、海外研究拠点を活用した研究・研修の機会を、国内の臨床医や若手の感染症研究者等に幅広く提供することを推進します。

*1 創薬支援ネットワーク:
国立研究開発法人日本医療研究開発機構創薬支援戦略部が本部機能を担い、理化学研究所、医薬基盤・健康・栄養研究所、産業技術総合研究所、大学等の創薬研究機能をもつ関係機関等で構成されるオールジャパンでの創薬支援連携体制です。

事業の案内ページ

対象者

公募要領で定める条件を満たす研究機関および研究者
※詳細については公募要領「Ⅱ.3.応募要件」をご覧ください。

公募期間

※終了しました

応募方法

府省共通研究開発管理システム(e-Rad)によってご応募ください。
(応募に関する詳細は公募要領「Ⅳ.提案書類の作成・提出方法」をご覧ください)

応募先

お問い合わせ先

国立研究開発法人日本医療研究開発機構 戦略推進部 感染症研究課
感染症研究国際展開戦略プログラム担当(橋本、山﨑、伊藤(紀))
E-mail:jgrid"AT"amed.go.jp ※"AT"の部分を@に変えてください。

資料(※8月7日更新)

関連リンク

最終更新日 2015年8月7日

知的財産

研究・公正