平成29年度「エイズ対策実用化研究事業」の採択課題について 若手枠有り

平成29年3月8日

国立研究開発法人日本医療研究開発機構
戦略推進部感染症研究課

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、本事業の課題評価委員会(別紙)における厳正な審査を行った結果、平成29年度「エイズ対策実用化研究事業」の採択課題を決定しましたのでお知らせいたします。

(1)動物モデルを用いたHIVの病態に関する研究
研究開発代表者所属機関名職名研究開発課題名
明里 宏文 京都大学 教授 HIV感染症の根治療法創出のための基礎・応用研究
(2)新規抗HIV薬の適正使用に関する研究
研究開発代表者所属機関名職名研究開発課題名
潟永 博之 国立国際医療研究センター 科長 新規薬剤によるHIV感染症制御と合併症コントロールのための研究

参考ページ

お問い合わせ先

国立研究開発法人日本医療研究開発機構 戦略推進部感染症研究課
E-mail:aids"at"amed.go.jp
※"at"の部分を@に変えてください。
※お問い合わせは必ずE-mailでお願いいたします。電話でのお問い合わせは受付できません。

 

最終更新日 2017年3月8日

知的財産

研究・公正