平成29年度「医療分野研究成果展開事業(先端計測分析技術・機器開発プログラム)」の採択課題について

平成29年7月5日

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED、理事長:末松 誠)は、平成29年度の「先端計測分析技術・機器開発プログラム」による研究開発課題として、下記の12件を採択しました。

本年度の公募では、➀要素技術開発タイプと➁先端機器開発タイプの2区分について、合計で126件の提案がありました。外部有識者(別紙1)による厳正な選考を経て、採択課題を決定しました。

➀要素技術開発タイプ
 研究開発課題名研究開発代表者
(チームリーダー)
研究開発分担者
(サブリーダー)
その他の分担機関
1 てんかん発作オンデマンド介入のための発作予測システムの開発(※1) 藤原 幸一
京都大学
早水 建祥
ミツフジ株式会社
  • 東京医科歯科大学
  • 熊本大学
2 粒子線治療のリアルタイム線量モニタの開発(※1) 黒澤 俊介
東北大学
谷森 達
株式会社京都SPACE GAMMA
  • 山形大学
3 両心室ペーシング付きテイラーメイド心臓サポートネットシステム開発(※1) 秋田 利明
名古屋大学
塚田 信吾
日本電信電話株式会社
  • 東京大学
  • インター・ノバ株式会社
4 tRNA修飾異常を起因とする疾患の診断システム開発(※2) 富澤 一仁
熊本大学
向 紀雄
株式会社島津製作所
  • 久留米大学
5 時間分解X線位相エラストグラフィ法の開発(※2) 矢代 航
東北大学
川端 義彦
高島製作所株式会社
  • 首都大学東京
6 食物アレルギー診断キットと検出器の開発(※2) 村田 幸久
東京大学
渡辺 秀樹
株式会社古河電工アドバンストエンジニアリング
  • 国立成育医療研究センター
  • 第一薬科大学
7 中分子を活用する次世代ウイルス検出システム(※2) 佐藤 智典
慶應義塾大学
伊東 謙吾
株式会社伊都研究所
  • 京都府立医科大学
8 マルチモーダル内視鏡システムによる生体機能診断(※2) 村田 正治
九州大学
千葉 亨
HOYA株式会社
  • 産業技術総合研究所
9 γ線CTの開発(※2) 河合 秀幸
千葉大学
佐藤 如雪
林栄精器株式会社
  • 株式会社C&A
➁先端機器開発タイプ
 研究開発課題名研究開発代表者
(チームリーダー)
研究開発分担者
(サブリーダー)
その他の分担機関
1 局所冷却による脳神経保護装置の開発(※1) 鈴木 倫保
山口大学
柳井 宏之
株式会社伸和精工
  • 京都大学
  • 奈良先端科学技術大学院大学
  • 熊本大学
2 肺移植待機患者に装着可能な長期耐久型人工肺システムの開発(※1) 安樂 真樹
東京大学
横井 涼
富士システムズ株式会社
  • 日本医科大学付属病院
  • テルモハート株式会社
3 針なし気泡注射器を用いた低侵襲網膜血栓除去新技術の研究開発(※1) 山西 陽子
九州大学
森泉 康裕
株式会社ベックス
  • 兵庫県立尼崎総合医療センター

(※1)治療・予防を意識した技術シーズの確立や試作機の研究開発
(※2)診断に関する技術シーズの確立や試作機の研究開発

関連リンク

お問い合わせ先

国立研究開発法人日本医療研究開発機構 産学連携部 医療機器研究課
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-1
Tel:03-6870-2213 E-mail:amed-sentan”AT”amed.go.jp

※E-mailは上記アドレス”AT”の部分を@に変えてください。

最終更新日 2017年7月5日

知的財産

研究・公正

AMEDの医療研究開発の概況