平成29年度「未来医療を実現する医療機器・システム研究開発事業『術者の技能に依存しない高度かつ精密な手術システムの開発』」の採択課題について

平成29年6月19日

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、未来医療を実現する医療機器・システム研究開発事業の「術者の技能に依存しない高度かつ精密な手術システムの開発」に係る公募について、課題評価委員会において厳正な審査を行った結果、下記の通り選定いたしましたのでお知らせいたします。

「術者の技能に依存しない高度かつ精密な手術システムの開発」
研究開発課題名代表機関名研究開発代表者名
熟練微細手技を人工再現するμm超精密手術システムの開発 慶應義塾大学 河奈 裕正
変形切除が可能な肝切除シミュレーションシステムに器具の触覚センシングと位置モニタリング可能な医療用ワイヤレスマイクロセンサシステムを合体した腹腔鏡下肝切除術のリアルタイムナビゲーションシステムの開発 筑波大学 大河内 信弘
眼科硝子体手術普及のための眼内内視鏡保持ロボット開発 九州大学 園田 康平
直径1mmの血管吻合を容易にする顕微鏡下手術支援ロボットシステムの研究開発 九州大学 橋爪 誠
(50音順)

お問い合わせ

〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目7番1号
国立研究開発法人日本医療研究開発機構
産学連携部 医療機器研究課
E-mail:miraiiryou“AT”amed.go.jp
※E-mailは上記アドレス“at”の部分を@に変えてください。

最終更新日 2017年6月19日

知的財産

研究・公正