平成29年度「開発途上国・新興国等における医療技術等実用化研究事業/開発初期段階プロジェクト・開発後期段階プロジェクト」に係る公募について

平成29年8月30日

種別 公募 分野 医療機器開発
研究期間 (最長) 3年 公募締め切り 平成29年9月28日 研究開発費 1千万~5千万円未満

※9月13日追記:公募説明会の資料について掲載しました。

公募概要

国立研究開発法人日本医療研究開発機構では、平成29年度「開発途上国・新興国等における医療技術等実用化研究事業/開発初期段階プロジェクト・開発後期段階プロジェクト」を実施する企業等を募集します。
※詳細は公募要領をご参照ください。

事業内容

開発途上国・新興国においては、日本とは異なる医療・事業環境や公衆衛生上の課題を抱えており、また医療機器に対するニーズが日本と異なる可能性があります。このため、日本と異なる医療・事業環境や公衆衛生上の課題を深く理解し、相手国でのニーズや価格水準等に基づいた医療機器等を開発する事が重要と考えられます。

本事業では、開発途上国・新興国等(特に本事業においては、タイ、インドネシア、ベトナム、マレーシアを想定します。)におけるニーズを十分に踏まえた医療機器等の開発を公募します。本事業においては2つのプロジェクトを募集します。開発初期段階プロジェクトでは、バイオデザイン等のデザインアプローチを採用し、医療現場における具体的な医療機器へのニーズの把握から試作品作成、薬事申請に至るまでの研究開発を実施します。開発後期段階プロジェクトでは、試作品から薬事申請に至るまでの研究開発を実施します。

対象者

本事業の応募資格者は、公募要領で定める条件を満たす機関に所属する者で、応募に係る研究開発課題について研究開発実施計画の策定や成果の取りまとめなどの責任を担う能力を有する研究者とします。

公募期間

平成29年8月30日(水)~平成29年9月28日(木)正午

説明会(※9月13日更新)

公募説明会は終了しました。多くのご参加ありがとうございました。

日時:平成29年9月8日(金)15時00分~16時00分(受付開始:14時30分)
会場:国立研究開発法人日本医療研究開発機構 20階会議室
東京都千代田区大手町1丁目7番1号 読売新聞ビル

9月13日追記:公募説明会資料を掲載しました。以下のリンクよりご覧下さい。

応募方法

AMEDホームページより提案書類の様式等、必要な資料をダウンロードの上、公募要領に従って「研究開発提案書」等を作成の上、e-Radよりご提出してください。

詳細については、公募要領およびe-Radポータルサイトを参照してください。

応募先

お問い合わせ先

国立研究開発法人日本医療研究開発機構
産学連携部 医療機器開発課
開発途上国・新興国等における医療技術等実用化研究事業 担当
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞ビル23F
E-mail:shinko-kiki”AT”amed.go.jp
※E-mailアドレスは”AT”の部分を@に変えてください。
※お問い合わせは必ずE-mailでお願いいたします。 電話およびFAXでのお問い合わせは受付できません。

資料

関連リンク

最終更新日 2017年8月30日

知的財産

研究・公正

AMEDの医療研究開発の概況