平成28年度「研究倫理に関する情報共有と国民理解の推進事業(ゲノム医療実用化に係るELSI分野)」の採択課題について 若手枠有り

平成28年12月20日

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、平成28年度「研究倫理に関する情報共有と国民理解の推進事業(ゲノム医療実用化に係るELSI分野)」の採択課題について、課題評価委員会において厳正な審査を行った結果、下記の通り決定いたしましたのでお知らせいたします。

研究開発課題名所属機関研究開発代表者
ゲノム医療の実用化に係るELSIの探索と体系的整理(研究型ELSIを通じた学術的根拠を持った政策提言を目指して) 宮崎大学医学部 岩江 荘介
希少・難治性疾患患者の価値と学びをゲノム医療研究開発に活かす対話型ワークショップの設計および展開 特定非営利活動法人ASrid希少難治性疾患研究部 江本 駿
幅広い関心層の市民を惹きつける情報発信手法の研究開発 滋賀大学教育学部 加納 圭
理科教員を通じてゲノム医療とELSIを社会で共有する仕組みの構築 奈良先端技術大学院大学教育推進機構 川上 雅弘
ゲノムのビジュアル化(HPと連動したアプリケーションの開発) 立教大学理学部 工藤 光子
一般市民の遺伝リテラシー向上を目的とした制作物の現状把握と遺伝情報の特徴の理解に向けた短編映像の制作 東北大学東北メディカル・メガバンク機構 小林 朋子
遺伝性腫瘍の遺伝学的検査とバイオバンクに関するELSIの情報共有 慶應義塾大学医学部 平沢 晃
ゲノム研究における同意の意義に関する法的・倫理的検討と ELSI史アーカイブの基盤構築 早稲田大学社会科学総合学術院 横野 恵
ポジティブな関与を促すELSIへの未来志向型アプローチ 大阪大学医学系研究科 吉澤 剛
クライエントを対象とした遺伝カウンセリングのガイダンスの検討―遺伝カウンセリングの有効活用に向けて― 公益財団法人先端医療振興財団 吉田 晶子

お問い合わせ先

〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目7番1号 読売新聞ビル21階
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 バイオバンク事業部 基盤研究課
研究倫理に関する情報共有と国民理解の推進事業(ゲノム医療実用化に係るELSI分野)担当
E-mail:kiban-kenkyu”AT”amed.go.jp

※お問い合わせは必ずE-mailでお願い致します。(E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください)

最終更新日 2016年12月20日

知的財産

研究・公正