平成29年度「ナショナルバイオリソースプロジェクト」の採択課題について

平成29年3月9日

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、平成29年度「ナショナルバイオリソースプロジェクト」の採択課題について、課題評価委員会において厳正な審査を行った結果、下記の通り決定いたしましたのでお知らせします。

中核的拠点整備プログラム
課題名代表機関名課題管理者
マメ科植物研究を牽引するミヤコグサ・ダイズリソース―基盤情報の再構築と拡充― 宮崎大学 明石 良
ラットリソースの収集・保存・提供 京都大学 浅野 雅秀
ショウジョウバエ遺伝資源の戦略的収集・維持管理および提供 国立遺伝学研究所 上田 龍
トマトバイオリソース中核拠点整備 筑波大学 江面 浩
ゼブラフィッシュの収集・保存および提供 理化学研究所 岡本 仁
ネッタイツメガエルを中心とした両生類リソースの収集・保存・提供 広島大学 荻野 肇
細胞性粘菌リソースの収集・保存・提供 理化学研究所 上村 陽一郎
藻類リソースの収集・保存・提供 国立環境研究所 河地 正伸
広義キク属植物の収集・保存・提供 広島大学 草場 信
脊索動物モデルとしてのホヤの戦略的リソース整備 筑波大学 笹倉 靖徳
オオムギ高品質バイオリソースの整備 岡山大学 佐藤 和広
イネ属遺伝資源の利活用高度化プロジェクト 国立遺伝学研究所 佐藤 豊
病原細菌の収集・保存・提供体制の整備 岐阜大学 田中 香お里
ライフサイエンス研究用ニホンザルの飼育・繁殖・提供 京都大学 中村 克樹
酵母遺伝資源の戦略的収集、保存および提供 大阪市立大学 中村 太郎
研究用ヒト臍帯血の収集・細胞調製・保存・提供 東京大学 長村 登紀子
ライフサイエンス研究用コムギリソースの整備と高品質化 京都大学 那須田 周平
メダカ先導的バイオリソース拠点形成 基礎生物学研究所 成瀬 清
モデル原核生物(大腸菌・枯草菌)リソースの維持、拡充と利用促進 国立遺伝学研究所 仁木 宏典
アサガオリソースの収集・保存・提供およびゲノム情報を用いた高度化 九州大学 仁田坂 英二
カイコバイオリソースの収集・保存・提供 九州大学 伴野 豊
ゾウリムシリソースの収集・保存・提供 山口大学 藤島 政博
ニワトリ・ウズラリソースの収集・保存・提供とリソースの高品質化 名古屋大学 松田 洋一
遺伝子機能解析用線虫ストレインの収集・保存・提供 東京女子医科大学 三谷 昌平
病原真核微生物の収集、保存、提供体制の整備 千葉大学 矢口 貴志
情報センター整備プログラム
課題名代表機関名課題管理者
情報発信体制の整備とプロジェクトの総合的推進 国立遺伝学研究所 山崎 由紀子

お問い合わせ先

国立研究開発法人日本医療研究開発機構 バイオバンク事業部 基盤研究課
ナショナルバイオリソースプロジェクト担当
E-mail:national-bioresource“AT”amed.go.jp

※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。
※お問い合わせは必ずE-mailでお願いいたします。電話でのお問い合わせは受付できません。

 

最終更新日 2017年3月9日

知的財産

研究・公正