平成29年度「ゲノム創薬基盤推進研究事業」の採択課題について

平成29年3月27日

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、平成29年度ゲノム創薬基盤推進研究事業の採択課題について、課題評価委員会において厳正な審査を行った結果、下記の通り決定いたしましたのでお知らせいたします。

A.ゲノム創薬研究の推進に係る課題解決に関する研究

A-➀:検査品質・精度確保課題
バイオバンクの連携体制とゲノム医療に係る検査の品質・精度を確保する国際的基準を構築する課題
研究開発課題名所属機関名研究開発代表者
バイオバンク及びゲノム医療に係る検査の品質・精度の国際的基準構築と実施、及びバイオバンクの連携体制構築に関する研究 慶應義塾大学 増井 徹
A-➁:ゲノム情報患者還元課題
患者やその家族等に対して必要とされる説明事項や留意事項を明確化する課題
研究開発課題名所属機関名研究開発代表者
医療現場でのゲノム情報の適切な開示のための体制整備に関する研究 京都大学 小杉 眞司
A-➂:人材育成課題
ゲノム医療従事者の養成を推進する課題
研究開発課題名所属機関名研究開発代表者
ゲノム医療従事者の育成プログラム開発 北海道大学 西原 広史

B.ゲノム情報を活用した新規創薬ターゲットの探索等の基盤整備に関する研究

B:創薬探索基盤整備課題
サル及びヒトのPre-mRNA及びmRNAのデータベース構築
研究開発課題名所属機関名研究開発代表者
核酸医薬創薬に資する霊長類RNAデータベースの構築 理化学研究所 河合 純

お問い合わせ先

〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目7番1号 読売新聞ビル21階
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 バイオバンク事業部 基盤研究課
ゲノム創薬基盤推進研究事業担当
E-mail:genomic-medicine”AT”amed.go.jp

※お問い合わせは必ずE-mailでお願い致します。(E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください)

最終更新日 2017年3月27日

知的財産

研究・公正

AMEDの医療研究開発の概況