平成28年度「パーソナル・ヘルス・レコード(PHR)利活用研究事業(2次公募)」の採択課題について

平成28年9月7日

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、平成28年度「パーソナル・ヘルス・レコード(PHR)利活用研究事業(2次公募)」に係る採択課題を決定しました。

「パーソナル・ヘルス・レコード(PHR)利活用研究事業」の実施内容

パーソナル・ヘルス・レコード(PHR)利活用研究事業は、個人の健康・医療・介護情報を時系列的に管理できるPHR機能の実現のための技術的課題を解決するとともに、それらの情報を臨床及び臨床研究にも活用可能な環境の実現等に向けて、平成28年度からAMEDが実施する委託事業です。

本人に還元された健康・医療・介護データ(PHR: Personal Health Record)を利用したサービスを通じて本人がメリットを実感することで、時系列のPHRが集積され、臨床研究に活用されることによる、我が国の医学の発展への寄与も期待されています。

そのため、本人が管理すべき情報やその管理の在り方、セキュリティを確保しつつも効率的で利便性の高い仕組み、PHRの収集・管理・活用のための汎用的なネットワークシステムのあり方、及びPHR情報を臨床研究に応用するにあたっての課題整理も含めた環境整備等について、具体的なユースケースに即した研究が必要と考えたテーマ[(1)(2)]について公募を行います。

採択課題(4件)

課題評価委員会において厳正な審査を行い、下記の通り決定致しました。

(1)PHRにおける本人による同意や、同意に基づくデータ管理のあり方に関する調査研究
研究開発課題名機関名研究開発代表者名職名
患者中心の医療・介護連携システムにおける本人同意とデータ管理に関する調査研究 千葉大学 鈴木 隆弘 准教授
PHRにおける本人による同意や、同意に基づくデータ管理のあり方に関する調査研究 株式会社エム・エイチ・アイ 滝口 進 取締役
(2)臨床及び臨床研究の充実のための本人に関する多種多様な情報のデジタル化・ネットワーク化及び統合的な利活用を可能とする基盤的技術に関する研究
研究開発課題名機関名研究開発代表者名職名
臨床および臨床研究の充実のための本人に関する多種多様な情報のデジタル化・ネットワーク化及び統合的な利活用を可能とする基盤技術に関する研究 佐賀大学 阪本 雄一郎 教授
臨床および臨床研究のための分散PDSの応用に関する研究 東京大学大学院 橋田 浩一 教授

お問い合わせ先

臨床研究・治験基盤事業部 臨床研究課(担当:齊藤、佐藤)
TEL:03-6870-2229

最終更新日 2016年9月7日

知的財産

研究・公正

AMEDの医療研究開発の概況