【公募予告】平成29年度「AIを活用した保健指導システム研究推進事業」に係る公募について

平成29年4月14日

種別 予告 分野 その他
研究期間 (最長) 3年 公募締め切り 平成29年6月上旬 研究開発費 1億円以上

公募概要

国立研究開発法人日本医療研究開発機構では、平成29年度「AIを活用した保健指導システム研究推進事業」の公募を行う予定です。 詳細は、公募開始時に掲載する公募要領をご覧ください。

政府は医療保険者がレセプト・特定健診等情報を活用して加入者に対して効果的かつ効率的な保健指導を行う「データヘルス計画」の推進に取り組んでいます。

本事業では、データヘルスに関する様々な課題を解決し、国民の健康増進を図るため、各地の自治体に蓄積されている健診・レセプトデータ及び事例データやエビデンスデータを解析・機械学習することで、個々の自治体保険者における課題を特定し、その自治体における最適な保健指導モデルを提案する事が可能な「課題分析・AI(人工知能)による保健指導支援システム」を開発し、データヘルス計画策定の支援や保健師の保健指導に対する支援を行うモデルの研究を委託する予定です。

対象者

本事業の応募資格者は、公募要領で定める条件を満たす機関に所属する者で、応募に係る研究開発課題について、研究開発実施計画の策定や成果の取りまとめ等の責任を担う能力を有する研究者(「研究開発代表者」)とします。

公募期間(予定)

平成29年5月上旬~平成29年6月上旬

ヒアリング審査

平成29年6月下旬

応募方法

府省共通研究開発管理システム(e-Rad)による応募を予定しています。

応募先

お問い合わせ先

国立研究開発法人日本医療研究開発機構
臨床研究・治験基盤事業部 臨床研究課
E-mail:rinsho“AT” amed.go.jp
※E-mailアドレスは ”AT” の部分を @ に変えて下さい。
※お問い合わせは必ずE-mailでお願いいたします。 電話およびFAXでのお問い合わせは受付できません。

最終更新日 2017年4月14日

知的財産

研究・公正