平成28年度「医薬品等規制調和・評価研究事業(2次公募)」の採択課題について

平成28年5月31日

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、平成28年度「医薬品等規制調和・評価研究事業(2次公募)」について、課題評価委員会において厳正な審査を行った結果、下記の通り決定いたしましたのでお知らせいたします。

 公募研究課題名所属役職氏名
1 効率的な治験の実施に資するGCPの運用等に関する研究 国立大学法人 浜松医科大学 教授 渡邉 裕司
2 構造活性相関手法に基づいたヒト用医薬品の環境影響評価手法の開発に関する研究 国立医薬品食品衛生研究所 部長 広瀬 明彦
3 患者レジストリーデータを用い、臨床開発の効率化を目指すレギュラトリーサイエンス研究 国立大学法人 群馬大学 教授 林 邦彦
4 医薬品開発に利用できる疾患領域別データ標準の作成に関する研究 東京大学医学部附属病院 特任教授・部長 森豊 隆志
5 ウイルス用体外診断薬の性能評価に係る技術基盤に関する研究 国立感染症研究所 部長 浜口 功
6 単回使用医療機器の再製造の在り方に関する調査研究 国際医療福祉大学大学院 教授 武藤 正樹
7 遺伝子治療におけるカルタヘナ法の第一種使用規程の考え方に関する研究 国立研究開発法人 国立成育医療研究センター 部長 小野寺 雅史
8 ゲノム編集を利用した遺伝子治療用製品の安全性評価に関する研究

国立医薬品食品衛生研究所

室長 内田 恵理子
9 再生医療研究における品質及び安全性の評価に係る調査研究 国立医薬品食品衛生研究所 部長 佐藤 陽治
10 医薬品等の安全対策のための医療情報データベースの利用拡大に向けた基盤整備に関する研究 九州大学 教授 康 東天
11 医薬品開発時の薬物依存性の評価のための薬理学的アプローチに関する研究 学校法人 星薬科大学 特任教授 鈴木 勉

参考ページ:

お問い合わせ先

国立研究開発法人日本医療研究開発機構
臨床研究・治験基盤事業部 規制科学・臨床研究支援室
E-mail:kiseikagaku“AT”amed.go.jp
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。
※お問い合わせは必ずE-mailでお願いいたします。電話でのお問い合わせは受け付けできません。

 

最終更新日 2016年5月31日

知的財産

研究・公正