平成27年度「創薬支援推進事業―創薬支援インフォマティクスシステム構築―」に係る採択課題の決定

平成27年10月9日

国立研究開発法人日本医療研究開発機構
創薬支援戦略部

国立研究開発法人日本医療研究開発機構は、「創薬支援推進事業―創薬支援インフォマティクスシステム構築―」における委託先について、採択課題を決定しましたので、お知らせします。

「創薬支援推進事業―創薬支援インフォマティクスシステム構築―」は、我が国の創薬支援上の課題を解決し、創薬支援ネットワークによる支援機能を強化するため、平成27年度から5か年の計画で実施を予定している事業です。

本事業においては、創薬支援戦略部が実施する事業である創薬ブースターによる効率的な新規化合物創出のために、薬物動態と毒性を中心としたインシリコの統合解析プラットフォーム(データベース、モデリング機能、予測機能から成るシステム)を構築する研究開発について支援を行います。

創薬支援ネットワーク協議会による強固な連携・協力体制を形成し、大学等の基礎的研究成果を革新的医薬品として実用化に導くため、新薬創出に向けた研究開発を支援しています。

採択する課題は課題評価委員会(別紙)にて厳正な審査を行いました。採択課題は次のとおりです。

採択課題

研究課題名研究代表機関研究代表者
多階層データの統合モデリングによる薬物動態予測システムの構築 国立研究開発法人
医薬基盤・健康・栄養研究所
水口 賢司
インフォマティクスとシミュレーションを融合した多面的心毒性予測システムの構築 国立研究開発法人
理化学研究所
本間 光貴
肝毒性予測のためのインフォマティクスシステム構築に関する研究 国立研究開発法人
医薬基盤・健康・栄養研究所
山田 弘

お問い合わせ先

国立研究開発法人日本医療研究開発機構 創薬支援戦略部
「創薬支援推進事業―創薬支援インフォマティクスシステム構築―」担当

〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 タワーB 14階
電話:06-6372-1771(内120) FAX:06-6372-1772
E-mail:id3desk"at"amed.go.jp ※Emailはアドレス“at”の部分を@に変えてください

関連リンク

 

最終更新日 2015年10月9日

知的財産

研究・公正

AMEDの医療研究開発の概況