平成29年度「創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業(3次公募)」の採択課題について

平成29年10月2日

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、平成29年度「創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業」に係る3次公募について、課題評価委員会(事前評価)(別紙)において厳正な審査を行った結果、下記のとおり採択課題を決定しましたのでお知らせいたします。

バイオロジカルシーズ探索ユニット
研究開発課題代表機関研究開発
代表者
役職
アカデミア創薬における薬物動態・安全性評価基盤の構築 大阪大学 中川 晋作 教授
ヒト化マウスを基盤とした創薬支援プラットフォーム 実験動物中央研究所 伊藤 守 副所長
アカデミア創薬支援を目的とした統合的な心血管安全性評価試験系の開発 東邦大学 内藤 篤彦 准教授
人工染色体技術を用いたヒト化マウス/ラットおよび多機能細胞による創薬支援 鳥取大学 香月 康宏 准教授

(代表機関・五十音順)

参考ページ

お問い合わせ先

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
創薬戦略部 医薬品研究課
TEL:03-6870-2219
E-mail:20-DDLSG-16"AT"amed.go.jp 

※E-mailアドレスの"AT"の部分を@に変えてください。

最終更新日 2017年10月2日

知的財産

研究・公正

AMEDの医療研究開発の概況