イベント

開催日:平成29年12月4日~12月5日 ERATO/AMED-CREST/PRESTO共催国際シンポジウム「Organismal and Systems Biology of Inter-Organ Communication-Indra's Net of the Body-」開催のお知らせ

シンポジウム・ご案内チラシ(サムネイル)
シンポジウム開催案内PDF(1.2MB)
画像をクリックするとPDFファイルが表示されます

ERATOとAMED-CRESTとPRESTOの共催国際シンポジウム「Organismal and Systems Biology of Inter-Organ Communication-Indra's Net of the Body-」を開催します。

我々ヒトを含む動物の体は、複数の異なる細胞や臓器で構築される機能的なネットワーク(多器官連関ネットワーク)の総体です。したがって、疾患はその病因である局所のみの問題ではなく、全身の多器官連関ネットワークの破綻と捉えることができ、多器官連関ネットワークの解明は、新たな医療技術の開発につながることが期待されます。

本シンポジウムでは、多器官連関ネットワークに関する研究をおこなう3つの研究領域(JST ERATO「佐藤ライブ予測制御プロジェクト」、AMED-CREST「生体恒常性維持・変容・破綻機構のネットワーク的理解に基づく最適医療実現のための技術創出」、JST さきがけ「生体における動的恒常性維持・変容機構の解明と制御」)の研究成果を紹介するとともに、今後の展望について議論を行います。

使用言語:英語

開催概要

名称

ERATO/AMED-CREST/PRESTO共催国際シンポジウム「Organismal and Systems Biology of Inter-Organ Communication-Indra's Net of the Body-」

日時 

平成29年12月4日(月)~5日(火)

会場 

公益財団法人 国際高等研究所  (〒619-0225 京都府木津川市木津川台9丁目3番地)

プログラム

プログラムは、下記のシンポジウム公式ページにてご確認ください。

対象

大学・企業等所属の研究者、大学院生、一般

定員

200名程度(事前申し込み先着順)

共催

国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)
事業名:ERATO
研究課題:佐藤ライブ予測制御プロジェクト
研究総括:佐藤 匠徳

国立開発研究法人 日本医療研究開発機構(AMED)
事業名:AMED-CREST
研究領域:生体恒常性維持・変容・破綻機構のネットワーク的理解に基づく最適医療実現のための技術創出
研究総括:永井 良三

国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)
事業名:さきがけ(PREST)
研究領域:生体における動的恒常性維持・変容機構の解明と制御
研究総括:春日 雅人

参加申し込み方法

以下のシンポジウム公式ページにてお申し込みください。

※申込締切:平成29年9月30日(土)

問い合わせ先

シンポジウムに関するお問い合わせ

(株)国際電気通信基礎技術研究所(ATR)
佐藤匠徳特別研究所
ERATO佐藤ライブ予測制御プロジェクト
国際シンポジウム事務局担当
TEL:0774-95-2330 E-Mail:tns-sec“AT”atr.jp

AMED事業に関するお問い合わせ

国立研究開発法人日本医療研究開発機構
基盤研究事業部 研究企画課
TEL:03-6870-2224

※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。

< 戻る

最終更新日 2017年9月6日

「薬剤耐性(AMR)シンポジウム―AMEDにおける基礎から創薬までの研究開発最前線―」開催のお知らせページへ

「AMEDシンポジウム2017」開催レポートページへ