イベント

開催日:平成28年3月19日 平成27年度市民向け成果発表会「すすむがん研究 変わる未来―がん研究者たちの挑戦―」を開催しました

写真・1枚目
講演の様子
写真・2枚目
パネルディスカッションの様子

平成28年3月19日(土)、日本医療研究開発機構(AMED)は、品川フロントビル(東京・品川)にて、平成27年度市民向け成果発表会「すすむがん研究 変わる未来―がん研究者たちの挑戦―」を開催いたしました。当日は、小雨の降る中ではございましたが、158名もの方にお越しいただき、誠にありがとうございました。

AMEDのジャパン・キャンサーリサーチ・プロジェクトでは3省事業(文部科学省、厚生労働省、経済産業省)を一体化させたマネージメントを行っており、本成果発表会は、3省事業の合同企画として、平成27年度に創出された主な研究成果を、広く社会の皆様にご紹介することを目的に開催したものです。

本成果発表会では、プロジェクトで支援している5名の先生方にがん分野の最先端の研究内容をご講演いただくとともに、がんの原因や背景から診断法や治療法に至るまでの最近のがん事情もご紹介いただきました。またパネルディスカッションでは、研究成果をいち早く患者さんに届けるために、がん研究をどうすすめるべきか、研究者や市民・患者のそれぞれの立場から活発な討論が展開されました。

来場者のアンケートでは、分かりやすくて良かった等の多数の好意的なお声を頂戴し、最先端のがん研究に関して理解を深めていただく大変有意義な機会を提供することができたと考えております(成果発表会の模様は後日インターネットで配信する予定です)。

AMED戦略推進部がん研究課では、今後もこうした成果発表会などの場を通して研究開発状況をお伝えするとともに、成果が少しでも早く患者さんなど社会へ還元されることを目指し、研究開発事業を推進してまいります。

関連資料

関連リンク

 

< 戻る

最終更新日 2016年6月28日

「薬剤耐性(AMR)シンポジウム―AMEDにおける基礎から創薬までの研究開発最前線―」開催のお知らせページへ

「AMEDシンポジウム2017」開催レポートページへ