イベント

開催日:平成29年3月24日 「CDISC公開シンポジウム」を開催しました

写真・1枚目
会場の様子
写真・2枚目
AMED末松理事長
写真・3枚目
CDISC CEO Dr. Kush
写真・4枚目
シンポジウム講演者

平成29年3月24日(金)、丸ビルホール(東京・丸の内)にて、「CDISC公開シンポジウム」を開催しました。

AMEDは日本における革新的な医療研究開発の基礎から実用化までを一貫して支援しており、臨床研究の活性化において重要な臨床データの標準化も支援しています。今回のシンポジウムは、CDISC(Clinical Data Interchange Standards Consortium)の推進する臨床研究のデータの標準化の重要性や実用性、CDISCの今後の方向性などについて、主にアカデミアで臨床研究に携わる人に知ってもらうために開催しました。

会場は約300名の聴衆でほぼ満席となる中、末松誠理事長の挨拶を皮切りに、企業、規制当局、そしてCDISC標準化を率先してアカデミアに導入している研究者から熱気あふれるスピーチがあり、CDISC標準導入により、アカデミア発シーズの実用化の一層の加速が期待されるシンポジウムでした。

CDISC公開シンポジウム 予稿集

以下のリンクをクリックいただくとPDFファイルが表示されます。

CDISC公開シンポジウム 動画

当日の様子を動画で配信しております。以下のリンクをクリックしてご覧ください。
※外部の動画配信サービスを利用しております。

お問い合わせ先

国立研究開発法人日本医療研究開発機構
臨床研究・治験基盤事業部 臨床研究課
Tel:03-6870-2229(課代表)
E-mail:rinsho-chiken”AT”amed.go.jp

※Emailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。

関連リンク

< 戻る

最終更新日 2017年5月18日

「平成29年度創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム公開シンポジウム」開催のお知らせページへ