イベント

開催日: 「平成27年度肝炎等克服実用化研究事業 公開報告会―肝炎研究の最先端―」を開催しました

写真・1枚目写真・2枚目

平成28年3月19日(土)、ヤクルトホール(東京・新橋)にて、「平成27年度肝炎等克服実用化研究事業 公開報告会―肝炎研究の最先端―」を開催しました。

肝炎等克服実用化研究事業では、肝炎治療実績の大幅な改善につながるような成果の獲得および普及を目指し、基礎から実用化までの一貫した研究開発を推進しています。本公開報告会は、この事業で平成27年度に創出された主な研究成果について広く社会の皆様に紹介することを目的に開催し、当日は関連分野の研究者、医療従事者、製薬企業及び医療機器業界の方々、一般の方を含む275名の方にご来場いただきました。

本公開報告会では、この事業で支援する8名の研究者に最新の知見やトピックスについてご講演いただきました。

開催後のアンケートでは、「わかりやすい内容で、創薬研究の現状を聞けて良かった」「各研究者の熱意を感じ、B型肝炎の創薬に大きな期待を感じた」などの声を多くいただき、最先端の肝炎研究に関して理解を深めていただく大変有意義な機会となりました。

関連リンク

< 戻る

最終更新日 2016年4月27日

「薬剤耐性(AMR)シンポジウム―AMEDにおける基礎から創薬までの研究開発最前線―」開催のお知らせページへ

「AMEDシンポジウム2017」開催レポートページへ