お知らせ

2017年3月15日プレスリリース リトアニア共和国保健省との協力に関する覚書を締結

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(以下AMED、理事長 末松 誠)は、リトアニア共和国保健省(大臣 アウレリユス・ベリガ博士)と協力に関する覚書を結ぶことで合意し、調印式を平成29年3月9日(現地時間)にリトアニア共和国で行いました。

リトアニア共和国では、電子カルテや健診情報、個人ゲノム情報などの「国民の医療情報」が政府によって一括管理されており、難病や診断のつかない疾患(未診断疾患)の原因解明のために、それらの情報を有効活用できると期待されています。同国の生物・医学分野のファンディングを担当しているのはリトアニア共和国保健省で、AMEDと同様、基礎研究から臨床研究まで幅広くカバーしており、両機関の連携により日・リトアニア両国の生物・医学分野研究の加速が見込まれます。

覚書の締結を機に、人材交流、共同セミナーやシンポジウム、共同研究などの実施を考えています。連携を行う分野として、まずは難病・未診断疾患、がん研究などを想定しています。

写真1覚書に署名を終え、握手をかわすリトアニア共和国保健省大臣
アウレリユス・ベリガ  博士(写真右)とAMED末松理事長(写真左)

お問い合わせ先

日本医療研究開発機構 国際事業部
〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目7番1号
Tel:03-6870-2216
E-mail:international“AT”amed.go.jp

報道に関するお問い合わせ先

日本医療研究開発機構 経営企画部 企画・広報グループ
〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目7番1号
Tel:03-6870-2245
E-mail:contact“AT”amed.go.jp

※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。

 

< 戻る

最終更新日 2017年3月15日

知的財産

研究公正

公募情報