革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト―平成27年度研究成果報告書―

研究成果報告書(以下、報告書)を事業開始年度ごとに掲載しています。
ご覧になりたい課題名の隣にあるPDFと書かれたアイコンをクリックすると、報告書が表示されます。
※各表は研究開発代表者名の五十音順で掲載しています。

平成26年度開始課題
開始年度終了年度研究開発代表者名所属機関名研究開発課題名報告書
26 28 饗場 篤 国立大学法人東京大学 遺伝子操作マーモセットの作製・世代短縮のための革新的胚操作技術の開発 PDF
26 30 伊佐 正 大学共同利用機関法人自然科学研究機構 脳血管障害とパーキンソン病における脳神経回路障害とその機能回復に関わるトランスレータブル脳・行動指標の開発(霊長類モデルを用いた脳血管障害後の運動麻痺・高次脳機能障害の発生機序と機能代償回路の同定、機能回復のトランスレータブル指標の確立) PDF
26 28 礒村 宜和 学校法人玉川学園 玉川大学 光遺伝学的に投射先を同定するマルチニューロン記録技術の開発 PDF
26 28 上田 泰己 国立大学法人東京大学 霊長類脳の網羅的回路マッピングに向けた要素技術開発 PDF
26 28 浦野 泰照 国立大学法人東京大学 脳構造・機能の統合的理解に資する革新的光機能性小分子群の創製 PDF
26 28 大木 研一 国立大学法人九州大学 マクロとミクロをつなぐマルチモーダル機能マッピング技術の開発 PDF
26 30 岡澤 均 国立大学法人東京医科歯科大学 変性性認知症による脳機能ネットワーク異常の全容解明 PDF
26 30 岡本 泰昌 国立大学法人広島大学 大規模脳画像解析とヒト—霊長類トランスレータブル脳・行動指標開発にもとづく精神・神経疾患の病態神経回路解明(脳画像計測を用いた気分障害の神経回路病態の解明) PDF
26 28 小倉 淳郎 国立研究開発法人理化学研究所 遺伝子操作マーモセットの作製・世代短縮のための革新的胚操作技 術の開発(遺伝子操作マーモセットの作製・世代短縮のための革新的胚操作技 術の開発) PDF
26 30 尾崎 紀夫 国立大学法人名古屋大学 大規脳画像解析とヒト−霊長類トランスレータブル脳・行動指標開発にもとづく精神・神経疾患の病態神経回路解明(精神疾患に関わる稀な遺伝子変異の探索による病態関連神経回路の解明) PDF
26 30 笠井 清登 国立大学法人東京大学 大規模脳画像解析とヒト−霊長類トランスレータブル脳・行動指標開発にもとづく精神・神経疾患の病態神経回路解明 PDF
26 28 河西 春郎 国立大学法人東京大学 多重標識した記憶神経回路の固定透明化脳における高速2光子マッピング法の開発 PDF
26 28 喜多村 和郎 国立大学法人山梨大学 革新的プロービングによる神経活動の高速3D測定と活動痕跡の長期可視化(神経活動の高速3D測定と活動痕跡の長期可視化に資する光学的手法の創出と改良) PDF
26 30 小池 正人 学校法人順天堂 順天堂大学 脳血管障害とパーキンソン病における脳神経回路障害とその機能回復に関わるトランスレータブル脳・行動指標の開発(パーキンソン病およびその関連疾患の初期病変の超微形態観察およびトランスレータブルな指標の検証) PDF
26 28 郷 康広 大学共同利用機関法人自然科学研究機構 霊長類脳の構造・機能をささえる分子基盤解明にむけたマーモセット全脳遺伝子発現動態・エピゲノム動態解析 PDF
26 28 小林 和人 公立大学法人福島県立医科大学 マーモセット脳機能研究に最適化した経路選択的操作とその基盤となる回路構造解析技術の開発 PDF
26 30 小林 哲生 国立大学法人京都大学 大規脳画像解析とヒト−霊長類トランスレータブル脳・行動指標開発にもとづく精神・神経疾患の病態神経回路解明(疾患横断的回路抽出) PDF
26 30 佐々木 えりか 学校法人慶應義塾 革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明(中核拠点)(霊長類ミクロ・マクロコネクトーム解析及びマーモセット脳科学研究支援) PDF
26 30 須原 哲也 国立研究開発法人放射線医学総合研究所 大規模脳画像解析とヒト−霊長類トランスレータブル脳・行動指標開発にもとづく精神・神経疾患の病態神経回路解明(精神疾患の神経回路—分子病態解明とモデル化) PDF
26 28 関谷 毅 国立大学法人大阪大学 体内埋込型集積回路内蔵フレキシブル超薄膜センサシートを用いたマーモセットの脳信号計測システムの開発 PDF
26 30 祖父江 元 国立大学法人名古屋大学 変性性認知症による脳機能ネットワーク異常の全容解明(前頭側頭葉変性症/筋萎縮性側索硬化症の神経回路破綻解明に基づく革新的治療開発) PDF
26 30 高橋 琢哉 公立大学法人横浜市立大学 脳血管障害とパーキンソン病における脳神経回路障害とその機能回復に関わるトランスレータブル脳・行動指標の開発(シナプス機能分子を認識するPETプローブの開発) PDF
26 30 高橋 良輔 国立大学法人京都大学 脳血管障害とパーキンソン病における脳神経回路障害とその機能回復に関わるトランスレータブル脳・行動指標の開発 PDF
26 28 銅谷 賢治 学校法人沖縄科学技術大学院大学学園 脳構造・機能マップによる多階層モデルのための計算技術開発 PDF
26 30 富田 泰輔 国立大学法人東京大学 変性性認知症による脳機能ネットワーク異常の全容解明(超早期アルツハイマー病における画像診断を用いた鍵神経回路の同定と、タウ病理進展機構の解明) PDF
26 28 中井 淳一 国立大学法人埼玉大学 霊長類脳の単一ニューロンレベルの機能マップを可能にする革新的イメージング技術の開発 PDF
26 30 中村 克樹 国立大学法人京都大学 革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明(中核拠点)(マーモセットの高次脳機能マップの作成とその基盤となる神経回路の解明及び参画研究者に対する支援) PDF
26 28 南部 篤 大学共同利用機関法人自然科学研究機構 多角的神経回路・構造解析法によるマーモセットの脳機能解析 PDF
26 28 根本 知己 国立大学法人北海道大学 新規半導体レーザー光源を用いた超解像多光子励起顕微鏡法の開発 PDF
26 30 橋本 龍一郎 学校法人昭和大学 大規脳画像解析とヒト−霊長類トランスレータブル脳・行動指標開発にもとづく精神・神経疾患の病態神経回路解明(自閉症スペクトラム障害・統合失調症の神経回路異常に関するマルチモーダルMRIを用いた研究と異種間トランスレータブル脳機能指標の開発) PDF
26 30 橋本 亮太 国立大学法人大阪大学 大規脳画像解析とヒト−霊長類トランスレータブル脳・行動指標開発にもとづく精神・神経疾患の病態神経回路解明(統合失調症の脳画像・生理・認知行動解析による病態神経回路解明) PDF
26 30 長谷川 成人 公益財団法人東京都医学総合研究所 変性性認知症による脳機能ネットワーク異常の全容解明(TDP-43のシナプス伝播を介した病態解明) PDF
26 30 服部 信孝 学校法人順天堂 順天堂大学 変性性認知症による脳機能ネットワーク異常の全容解明(パーキンソン病患者・モデル動物由来多面的解析に立脚したパーキンソン病病態解析) PDF
26 30 樋口 真人 国立研究開発法人放射線医学総合研究所 変性性認知症による脳機能ネットワーク異常の全容解明(脳老化病態カスケードのトランスレータブルなイメージングとメカニズム制御の研究開発) PDF
26 28 尾藤 晴彦 国立大学法人東京大学 革新的プロービングによる神経活動の高速3D測定と活動痕跡の長期可視化 PDF
26 28 平井 宏和 国立大学法人群馬大学 マーモセット中枢神経系の細胞種特異的、回路特異的遺伝子発現ウイルスベクターの開発 PDF
26 28 松崎 政紀 大学共同利用機関法人自然科学研究機構 脳皮質高次脳機能回路の操作・光計測技術の開発 PDF
26 30 松田 博史 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 変性性認知症による脳機能ネットワーク異常の全容解明(超早期アルツハイマー病における画像診断を用いた鍵神経回路の同定) PDF
26 30 松元 建二 学校法人玉川学園 玉川大学 大規模脳画像解析とヒト−霊長類トランスレータブル脳・行動指標開発にもとづく精神・神経疾患の病態神経回路解明(健常者詳細MRI研究と疾患横断的回路抽出) PDF
26 35 宮脇 敦史、岡野 栄之 国立研究開発法人理化学研究所 革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明(中核拠点) PDF
26 30 村田 美穗 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 脳血管障害とパーキンソン病における脳神経回路障害とその機能回復に関わるトランスレータブル脳・行動指標の開発(急性および慢性神経障害における神経回路網とその代償機構の解明) PDF
26 28 山中 章弘 国立大学法人名古屋大学 革新的な投射経路特異的遺伝子発現制御法の開発と回路機能操作による機能マップ作成 PDF
26 28 横山 弘之 国立大学法人東北大学 新規半導体レーザー光源を用いた超解像多光子励起顕微鏡法の開発(超解像多光子励起顕微鏡法のための高機能半導体レーザー光源の開発) PDF
26 30 吉田 正俊 大学共同利用機関法人自然科学研究機構 大規模脳画像解析とヒト—霊長類トランスレータブル脳・行動指標開発にもとづく精神・神経疾患の病態神経回路解明(自発性眼球運動を指標とするサリエンシー検出機構の回路抽出) PDF
26 30 吉峰 俊樹 国立大学法人大阪大学 脳血管障害とパーキンソン病における脳神経回路障害とその機能回復に関わるトランスレータブル脳・行動指標の開発(パーキンソン病モデルにおける障害脳神経回路の同定および機能的ネットワーク障害の神経生理学的バイオマーカーの開発) PDF
26 28 渡辺 雅彦 国立大学法人北海道大学 マーモセット脳機能研究に最適化した経路選択的操作とその基盤となる回路構造解析技術の開発(経路選択的な神経回路解析基盤技術の開発とマーモセット脳解析への最適化) PDF
平成27年度開始課題
開始年度終了年度研究開発代表者名所属機関名研究開発課題名報告書
27 30 武井 陽介 国立大学法人筑波大学 大規脳画像解析とヒト−霊長類トランスレータブル脳・行動指標開発にもとづく精神・神経疾患の病態神経回路解明(モデル動物の分子モーター解析) PDF