創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業

創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業では、創薬プロセス等に活用可能な技術基盤の整備や積極的な外部開放(共用)等を行うことで、創薬・医療技術シーズ等を着実かつ迅速に医薬品等の実用化に結び付ける革新的プロセス(創薬等支援技術基盤プラットフォーム)を実現することを目的としています。世界最高水準の放射光施設や最新鋭クライオ電子顕微鏡、化合物ライブラリー、ハイスループットスクリーニング拠点、タンパク質統合データベース、および次世代シーケンサー等の共用施設・設備の活用や技術の提供を通じて、解析、制御、情報の3つの拠点が相互に連携しながら幅広いライフサイエンス研究者を多面的に支援します。支援に当たっては、プラットフォームの活用方法や、共同研究等による研究推進体制を提案するなど、必要に応じて研究のコーディネートも実施します。また、将来の共用や支援を目指した技術や施設・設備等の更なる高度化のための研究を実施します。

各拠点の技術支援内容

お知らせ一覧事業に関するお知らせ

2017年5月8日
プレスリリース 分子標的薬開発のための糖鎖欠損細胞株の確立―カナダApplied Biological Materials社とライセンス契約を締結―
2017年4月27日
プレスリリース 牛難治性疾病の制御に応用できる免疫チェックポイント阻害薬 (抗PD-L1抗体)の開発にはじめて成功
2016年11月22日
プレスリリース SARSウイルスの巧みな戦略―プロテアーゼの特殊な基質認識―
2016年10月21日
プレスリリース 独自の数理モデルから、生きているDNAの構造情報の取得に成功
2016年10月13日
イベント [平成28年12月7日開催]「第4回創薬等支援技術基盤プラットフォーム公開シンポジウム」開催のお知らせ
2016年10月11日
プレスリリース 生体外から光を当てて遺伝子のはたらきをコントロールする技術を開発―Cre-loxP DNA組換えシステムの光制御を高効率で実現―
2016年8月1日
プレスリリース 細胞を使わない膜タンパク質の合成技術―ヒトの膜タンパク質などを標的とした新薬の創出が加速―
2016年2月23日
プレスリリース 白質消失病の発症機構―大脳白質「消失」の鍵を握る巨大タンパク質の立体構造を解明―
2015年10月28日
イベント 創薬等支援技術基盤プラットフォーム公開シンポジウムが開催されました
2015年10月26日
プレスリリース 100℃以上の温度でのタンパク質の安定化機構を熱力学的に解明―超耐熱化タンパク質の設計が可能に―

公募一覧公募情報

2017年3月22日
平成29年度「創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業」の採択課題について
2017年1月18日
(情報更新)平成29年度「創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業」に係る公募について

実施機関

研究成果報告書

研究成果報告書につきましては、下記リンクをご覧ください。

評価・運営体制

創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業(創薬等支援技術基盤プラットフォーム事業)

プログラムスーパーバイザー(PS)
田中 啓二 東京都医学総合研究所 所長
プログラムオフィサー(PO)
吉田 賢右 京都産業大学 シニアリサーチフェロー
菅野 純夫 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 教授

創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業(生命動態システム科学推進拠点事業)

プログラムスーパーバイザー(PS)
柳田 敏雄 大阪大学 大学院生命機能研究科 特任教授

事後評価報告書

以下のリンクをクリックすると、文部科学省で公開されているPDFファイルが表示されます。

事務処理説明書

パンフレット

お問い合わせ先

戦略推進部 医薬品研究課 Tel : 03-6870-2219

最終更新日 2017年4月17日

知的財産

研究・公正

公募情報