再生医療臨床研究促進基盤整備事業

再生医療臨床研究促進基盤整備事業では、再生医療の知識・経験を有する大学、医療機関等が連携して行う、臨床研究計画に対する技術的支援、臨床研究に必要な人材の育成、データベースの整備等に対して支援を行うことにより、再生医療臨床研究の基盤を整備し、再生医療臨床研究の円滑な実施を支援するとともに、研究の効率化、標準化、コストの削減等を図ることを目的とします。

公募一覧公募情報

2016年11月18日
「再生医療臨床研究促進基盤整備事業」の採択課題について
2016年6月23日
「再生医療臨床研究促進基盤整備事業」に係る公募について

実施機関

 課題名 再生医療等臨床研究を支援する再生医療ナショナルコンソーシアムの実現
代表機関 一般社団法人 日本再生医療学会
代表者(役職・氏名) 理事長補佐 岡田 潔
概要

再生医療等臨床研究は再生医療等安全性確保法の施行以降、ますますの増加が期待されていますが、これまで限られた機関でしか実施されておらず、その経験、ノウハウ、臨床データが共有されていないのが現状です。

日本再生医療学会では、オールジャパンでの臨床研究の実施支援、教育、臨床研究データの集積を可能とするコンソーシアムを形成し、再生医療実現拠点ネットワーク事業等の成果と連携しつつ、iPS細胞等臨床研究推進モデル事業の対象機関を分担機関として組み入れ、緊密な協力体制の構築を目指しています。

本コンソーシアムの支援により、全国の医療機関で再生医療等の実施がさらに推進されるとともに、提供計画や実施医療機関、細胞培養加工施設、認定再生医療等委員会の質の向上が期待され、将来的には研究者と企業をマッチングすることで、再生医療等の実用化の促進も進めて参ります。

実施予定期間

平成28年度~平成30年度

評価・運営体制

プログラムスーパーバイザー(PS)
中村 耕三 東京大学 名誉教授
プログラムオフィサー(PO)
片倉 健男 国立医薬品食品衛生研究所 薬品部 客員研究員

お問い合わせ先

戦略推進部 再生医療研究課
再生医療臨床研究促進基盤整備事業 担当
Tel:03-6870-2220

最終更新日 2017年1月18日

知的財産

研究・公正

公募情報

AMEDの医療研究開発の概況