脳科学研究戦略推進プログラム・革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

高齢化、多様化が進む現代社会が直面する様々な課題の克服に向け、「社会に貢献する脳科学」の実現を目指し、脳科学研究を戦略的に推進します。また、「脳機能ネットワークの全容解明」という目標を掲げ、精神・神経疾患の克服等につなげるための基盤を構築してゆきます。

 

お知らせ一覧事業に関するお知らせ

2016年12月6日
プレスリリース 脳内に「やる気」のスイッチ、目で見て操作―霊長類の生体脳で人工受容体を画像化する技術を確立、高次脳機能研究の飛躍的な進展に期待―
2016年11月22日
イベント 脳科学研究戦略推進プログラム BMI技術成果報告会「社会に貢献する脳科学―BMI技術の基礎と応用―」を開催しました
2016年11月17日
皇太子さまが京都の国際電気通信基礎技術研究所(ATR)を訪問、AMEDが支援する研究を視察されました
2016年11月9日
プレスリリース 生体内に移植したiPS細胞由来神経前駆細胞の脳内動態を画像化―移植による神経難病治療メカニズムの解明と、再生医療の加速に期待―
2016年11月8日
プレスリリース ドーパミン受容体の機能に新視点―ドーパミン受容体D1R・D2R発現抑制の視認知学習機能への影響―
2016年10月27日
プレスリリース ―失われた手の痛みをなぜ感じるのか?―念じると動く義手で幻肢痛のコントロールに成功
2016年10月12日
「脳科学研究戦略推進プログラム」課題F・生命倫理課題、課題Gの成果報告書を掲載しました
2016年10月1日
イベント [平成28年11月10日開催]脳科学研究戦略推進プログラム BMI技術成果報告会「社会に貢献する脳科学―BMI技術の基礎と応用―」開催のお知らせ
2016年9月22日
プレスリリース 「ハンチントン病の新しい治療薬シーズを発見」―化合物ライブラリーの統合的スクリーニングから意外な結果―
2016年9月16日
プレスリリース うつ病発症に関わる神経伝達機能の異常を発見―うつ病の病態解明に大きな一歩―

公募一覧公募情報

2016年10月11日
平成28年度「脳科学研究戦略推進プログラム」の採択課題について
2016年7月26日
平成28年度「脳科学研究戦略推進プログラム」に係る公募について
2016年4月12日
(情報更新)平成28年度「脳科学研究戦略推進プログラム」の採択課題について(その1)
2016年4月12日
平成28年度「脳科学研究戦略推進プログラム」の採択課題について(その2)
2015年12月21日
平成28年度「脳科学研究戦略推進プログラム」に係る公募について

実施機関

研究成果報告書

研究成果報告書につきましては、下記リンクをご覧ください。

評価・運営体制

脳科学研究戦略推進プログラム

脳科学研究開発推進プログラム体制図

※画像をクリックすると拡大図が表示されます。

革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

※画像をクリックすると拡大図が表示されます。

事後評価報告書

パンフレット、関連リンク

※PDFファイルによっては図や写真を多数収録しているため、データ容量が数十メガバイトあります。ダウンロードの際は通信環境等ご留意ください。

お問い合わせ先

戦略推進部 脳と心の研究課
E-mail:brain-pm“AT”amed.go.jp Tel:03-6870-2222
※お問い合わせは基本的にE-mailでお願いいたします。
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。

最終更新日 2016年10月12日

知的財産

研究・公正

公募情報