感染症研究国際展開戦略プログラム(J-GRID)

アジア・アフリカに整備した海外研究拠点を活用し、各地で蔓延する感染症の病原体に対する疫学研究、診断治療薬等の基礎的研究を推進し、感染制御に向けた予防や診断治療に資する新しい技術の開発、高度専門人材の育成を図ります。主な研究対象はインフルエンザ、デング熱、薬剤耐性菌、下痢症感染症とし、その他、結核、エイズ、小児重症肺炎、チクングニヤ熱など、我が国への侵入リスクや疾患の重篤度などを考慮した国内ニーズに基づいた感染症を研究対象とします。また全国の大学・研究機関との共同研究体制を強化するとともに、海外研究拠点における研究課題の重点化及び研究基盤を推進します。

 J-GRID体制図

お知らせ一覧事業に関するお知らせ

2016年10月21日
プレスリリース インドネシア生鳥市場従業員の高病原性鳥インフルエンザH5N1ウイルスに対する抗体保有調査―多数の不顕性感染者が存在―
2016年8月23日
プレスリリース ドラッグリプロファイリングによる中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルス感染を阻害する薬物の同定

公募一覧公募情報

2015年9月18日
平成27年度「感染症研究国際展開戦略プログラム(追加公募)」に係る採択課題の決定
2015年8月7日
(情報更新)平成27年度「感染症研究国際展開戦略プログラム」に係る公募(追加公募)について

海外研究拠点(9カ国9拠点)と採択機関及び共同研究

海外拠点地図

共同研究

各課題の活動状況

成果

研究成果報告書

研究成果報告書につきましては、下記リンクをご覧ください。

評価・運営体制

事務処理説明書

事業実施事務処理説明書(感染症研究国際展開戦略プログラム J-GRID)

パンフレット

事業の詳細は、以下資料内の該当ページをご覧ください。

※PDFファイルを開くと表示される目次ページ、または左側に表示される目次(しおり)一覧の該当事業名をクリックしていただくと説明ページに移動します。左側にしおりが表示されない場合は、ご利用になっているソフトウェアのヘルプなどをご覧ください。

お問い合わせ先

戦略推進部 感染症研究課 Tel : 03-6870-2225

最終更新日 2016年10月17日

知的財産

研究・公正

公募情報