革新的医療技術創出拠点プロジェクト(平成26年度成果報告会)

平成26年度成果報告会―医療イノベーション創出ネットワークの現状と展望―新しいフェーズに入ったアカデミアのシーズ開発―

※個別シーズの最新情報等、詳細情報に関しましては、各拠点までお問い合わせください。
※また、当時の資料(抄録集、資料集、ポスター展示)に関しましては、文部科学省研究振興局ライフサイエンス課(橋渡し研究担当)までご照会ください。

開催概要

日時
2015年(平成27年)3月5日(木)13時00分~17時45分
2015年(平成27年)3月6日(金) 9時30分~17時00分
場所
東京コンベンションホール
東京都中央区京橋三丁目1-1 東京スクエアガーデン5F
中継会場
先端医療振興財団 臨床研究情報センター 第一研修室 一方向中継
兵庫県神戸市中央区港島南町1丁目5-4
参加者
1日目614名/2日目645名
主催
文部科学省・厚生労働省

プログラム

1日目:3月5日(木)
時間内容
13時00分~13時05分 文部科学省・厚生労働省挨拶
13時05分~13時10分 プログラムディレクター挨拶
プログラムディレクター 猿田享男
13時10分~13時20分 サポート機関からの報告
先端医療振興財団 福島雅典
13時20分~13時30分 文部科学省 橋渡し研究加速ネットワークプログラム
ネットワーク構築事業 進捗報告
東北大学ネットワーク事務局 青木正志
13時30分~13時52分

拠点からの報告

  • 「北海道における支援拠点強化への取り組み」
    北海道臨床開発機構/北海道大学病院 佐藤典宏
  • 「東北発の医薬品・医療機器等開発拠点」
    東北大学/東北大学病院 下瀬川徹
  • 質疑応答
13時52分~14時25分 拠点からの報告
  • 「先端医療の開発を加速する支援拠点形成と実践」
    東京大学/東京大学医学部附属病院 齊藤延人
  • 「慶應義塾大学臨床研究推進センターの構築とその取組み」
    慶應義塾大学/慶應義塾大学病院 佐谷秀行
  • 「新治療法開発-創成と科学双翼プロジェクト」
    千葉大学医学部附属病院 花岡英紀
  • 質疑応答
14時25分~14時58分 拠点からの報告
  • 「ネットワーク型中部先端医療開発拠点の現状と将来」
    名古屋大学/名古屋大学医学部付属病院 水野正明
  • 「創薬・新規医療開発のアカデミア拠点強化」
    京都大学/京都大学医学部附属病院 清水 章
  • 「大阪大学の新規医療シーズ開発とAROとしての特徴」
    大阪大学/大阪大学医学部附属病院 澤 芳樹
  • 質疑応答(3分)
15時00分~15時50分 ポスターセッション(ポスター展示会場)
15時50分~16時12分 拠点からの報告
  • 「健康寿命の延伸を目指した次世代医療研究開発拠点の形成」
    岡山大学/岡山大学病院 那須保友
  • 「創造的次世代医療実現化を担うAROの構築」
    九州大学/九州大学病院 中西洋一
  • 質疑応答
16時12分~16時56分 拠点からの報告
  • 「先端的がん新薬開発:国立がん研究センターでの取り組み」
    国立がん研究センター 大津 敦
  • 「革新的医療機器開発を推進するアカデミア拠点の構築2015」
    国立循環器病研究センター 峰松一夫
  • 「成育領域における開発推進拠点整備とその実践」
    国立成育医療研究センター 吉川徳茂
  • 「国立病院機構で構築されるARO機能とその活用」
    国立病院機構名古屋医療センター 直江知樹
  • 質疑応答
16時56分~17時36分 アカデミアが開発を主導した製品―事例紹介―
  • 北海道臨床開発機構 杉田 修
  • 国立がん研究センター 金子和弘
  • 東京大学 鈴木友人
  • 京都大学 清水 章
  • 大阪大学 村瀬 剛
  • 質疑応答
17時36分~17時45分 総括 先端医療振興財団 福島雅典
2日目:3月6日(金)
時間内容
9時30分~10時48分

シーズ発表・医薬品

  • 「RPN2標的核酸医薬」
    国立がん研究センター 田村研治
  • 「鶏卵培養不活性化全粒子トリインフルエンザA(H7N9)ワクチンの免疫原性および安全性の検討(第Ⅰ相医師主導治験)」
    国立病院機構名古屋医療センター 堀部敬三
  • 「難治性神経芽腫を対象とした抗GD2抗体(ch14.18/CHO)の開発」
    名古屋大学 高橋義行
  • 「声帯瘢痕患者に対するKP-100LI(ヒト組み換えHGF;肝細胞増殖因子)の声帯内投与に関する第I/II相試験―医師主導治験―」
    京都大学 平野 滋
  • 「骨髄間葉系幹細胞血中動員因子を用いた末梢循環不全に伴う難治性皮膚潰瘍治療薬開発」
    大阪大学 玉井克人
  • 「オキシム誘導体徐放性マイクロスフェアー(YS-1402/ONO-1301MS)製剤の重症心不全への適応」
    大阪大学 福嶌五月
  • 「癌遺伝子治療のためのHVJ envelope vector(HVJ-E)」
    大阪大学 金田安史
  • 「岡山大学方式の人工網膜の医師主導治験:生物学的安全性評価・製造・品質管理」
    岡山大学 松尾俊彦
  • 「重症肺高血圧症の予後と生活の質を改善するための安心安全のナノ医療製剤(希少疾病用医薬品)の実用化臨床試験」
    九州大学 江頭健輔
  • 質疑応答
10時48分~11時40分

レクチャー

  • 「イノベーション創出力強化のための特許戦略」
    先端医療振興財団 山中敦夫
    質疑応答
  • 「薬事申請の新たな要件―CDISCへの対応」
    独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 審議役(次世代審査等推進・科学委員会担当) 鹿野真弓
    質疑応答
11時40分~12時15分 ポスターセッション(ポスター展示会場)
12時15分~13時15分 (休憩)
13時15分~13時40分

レクチャー

  • 「医薬品・医療機器等法施行を踏まえた今後の展望」
    日本医療政策機構 エグゼクティブディレクター
    内閣官房健康・医療戦略室 戦略推進補佐官 宮田俊男
    質疑応答
13時40分~14時58分

シーズ発表・医療機器

  • 「バイオマーカーとしてのリゾリン脂質産生酵素:臨床検査への応用」
    東京大学 矢冨 裕
  • 「炭素11標識メチオニンによるPET診断」
    北海道大学(北海道臨床開発機構) 玉木長良
  • 「低侵襲・高効率な歯周治療実現のための局所制御型ラジカル殺菌治療器の開発」
    東北大学 菅野太郎
  • 「国際展開を目指したAll Japan 研究体制確立による胎児心電図POC 試験」
    東北大学 木村芳孝
  • 「マルチモダリティ脳機能画像を用いた精神疾患の病態解明および診断ツールの開発」
    群馬大学 福田正人
  • 「肺動脈狭窄に対するCPステント留置の有効性・安全性の評価」
    国立成育医療研究センター 中村秀文
  • 「重症心不全患者に対するテイラーメイド方式心臓サポートネット開発」
    金沢医科大学(名古屋大学) 秋田利明
  • 「重症多形滲出性紅斑の眼後遺症に対する輪部支持型ハードコンタクトレンズCS-100の臨床試験」
    京都府立医科大学(京都大学) 外園千恵
  • 「生体内組織形成術による循環器系移植用自己組織体」
    国立循環器病研究センター 中山泰秀
  • 質疑応答
14時58分~15時13分 (休憩)
15時13分~15時38分

レクチャー

  • 「再生医療新法及び関連法規制」
    厚生労働省 医薬食品局医療機器・再生医療等製品担当参事官室 室長補佐
    医政局研究開発振興課 課長補佐
    飯村康夫
    質疑応答
15時38分~16時42分

シーズ発表・再生医療等製品

  • 「羊膜由来間葉系幹細胞を用いた肝硬変の治療法の開発
    羊膜由来間葉系幹細胞の再生医療製品化と急性GVHDに対する治療応用
    重症クローン病に対する同種卵膜間葉系幹細胞による新規治療法の開発 」
    北海道大学病院(北海道臨床開発機構/北海道大学病院) 大西俊介
  • 「悪性黒色腫に対するNY-ESO-1特異的改変T細胞療法の開発」
    慶應義塾大学病院 舩越 建
  • 「LCAT欠損症に対するLCAT導入前脂肪細胞移植による酵素補充療法」
    千葉大学医学部附属病院 黒田正幸
  • 「構造並びに機能再生を目指す脂肪組織由来幹細胞治療の開発―腹圧性尿失禁に対する構造再生医療の開発―」
    名古屋大学 後藤百万
  • 「角膜上皮幹細胞疲弊症に対する自己培養口腔粘膜上皮細胞シート移植法の多施設共同臨床試験」
    大阪大学 西田幸二
  • 「重症心筋症に対する骨格筋芽細胞シート移植治療、小児重症心筋症に対する骨格筋芽細胞シート移植治療」
    大阪大学 宮川 繁
  • 「高性能国産新規RNAウイルスベクターによる虚血肢治療製剤の開発」
    九州大学 米満吉和
  • 質疑応答
16時42分~17時00分 閉会の辞
プログラムオフィサー 岩﨑 甫

当日の様子

写真/1枚目写真/2枚目写真/3枚目

 

最終更新日 2017年5月25日

知的財産

研究・公正

公募情報

AMEDの医療研究開発の概況