パーソナル・ヘルス・レコード(PHR)利活用研究事業

疾病負荷を勘案した場合、近年医療ニーズは急激に変化していますが、必要十分なデータ集積や分析がなされていない状況となっています。

本事業では、DPC・NDBデータを活用し、臨床研究のための評価を行う指標の整理を行うとともに、可能であれば、他のデータベースとの連携を行い、臨床研究のための評価を網羅的に実施できるプラットフォーム開発を目指します。このプラットフォームを用いることで、網羅的に臨床指標を収集することや、それらを通して市販後の医薬品・医療機器を含めた医療技術の効果評価等を行い、医薬品・医療機器の再評価やアンメットメディカルニーズの同定等が可能となることが期待されます。

具体的に本事業では、診療情報データを元に、地域横断的な医療介護情報のICT化によりデータ基盤を作成し、同データを用いた臨床研究の効率化への応用などの検討を行い、プラットホーム化を目指す研究を推進しています。

公募一覧公募情報

2016年9月7日
平成28年度「パーソナル・ヘルス・レコード(PHR)利活用研究事業(2次公募)」の採択課題について
2016年6月10日
(情報更新)平成28年度「パーソナル・ヘルス・レコード(PHR)利活用研究事業」に係る公募(2次公募)について
2016年6月9日
平成28年度「 パーソナル・ヘルス・レコード(PHR)利活用研究事業(1次公募)」の採択課題について
2016年4月1日
平成28年度「パーソナル・ヘルス・レコード(PHR)利活用研究事業」に係る公募(1次公募)について

研究成果報告書

研究成果報告書につきましては、下記リンクをご覧ください。

事務処理説明書

パンフレット

お問い合わせ先

臨床研究・治療基盤事業部 臨床研究課 ICT基盤研究グループ
「パーソナル・ヘルス・レコード(PHR)利活用研究事業」担当
Tel:03-6870-2229 Fax:03-6870-2246
E-mail:rinsho-ict"AT"amed.go.jp
※E-mailは上記アドレス"AT"の部分を@に変えてください。
※件名に【PHR利活用研究事業】と記載してください。

最終更新日 2017年7月18日

知的財産

研究・公正

公募情報

AMEDの医療研究開発の概況