生物統計家育成支援事業/臨床研究・治験推進研究事業

本事業では、優秀な生物統計家の人材育成を目的とし、座学的教育を実施する大学院と実学的研修を実施する病院が一体となって生物統計家の育成に取り組むことを支援します。その中で、大学院・病院は適切にPDCAを実践することで、高い専門性、および倫理観をもったモチベーションの高い生物統計家の人材育成を行える教育プログラムを策定します。

平成28年度に生物統計家育成拠点として、「東京大学大学院」と「京都大学大学院」を各々核とする2つの拠点を選定しました。各大学院は「生物統計講座」を新たに設置し、連携病院とともに育成拠点を形成しOJT研修も行います。

本事業は、製薬企業からの寄附金と国の研究資金を基として、産学官が一体となって臨床研究・治験の質の向上に繋げる環境整備事業であり、このような資金の流れの産学官共同プロジェクトは日本で初めての取り組みとなります。

生物統計家育成拠点の体制

  1. 東京大学大学院・東京大学医学部附属病院・国立がん研究センター
  2. 京都大学大学院・京都大学医学部附属病院・国立循環器病研究センター

生物統計家育成拠点の体制

お知らせ一覧事業に関するお知らせ

2016年10月4日
プレスリリース 臨床研究・治験の質の向上を目指し、産学官で生物統計家を育成―生物統計家の人材育成拠点として2大学院を選定―

公募一覧公募情報

2016年8月18日
(情報更新)平成28年度「生物統計家育成支援事業」に係る公募について

取扱要領、事務処理説明書など

委託研究開発事業
助成事業

パンフレット

お問い合わせ先

臨床研究・治験基盤事業部 臨床研究課
「生物統計家育成支援事業」担当
Tel:03-6870-2229 Fax:03-6870-2246
E-mail:rinsho-crt"AT"amed.go.jp
※E-mailは上記アドレス"AT"の部分を@に変えてください。
※件名に【生物統計家育成支援事業】と記載してください。

最終更新日 2017年8月15日

知的財産

研究・公正

公募情報

AMEDの医療研究開発の概況