AMED事業・経営に対する取組み 理事長記者説明会

日本医療研究開発機構の取り組みについて広く社会に情報発信することを目的として、「理事長記者説明会」を随時開催しています。

平成30年度第一回説明会(平成30年5月30日)

テーマ

平成30年度第1回医療分野の研究開発関連の調整費の配分について

今回の理事長記者説明会では、平成30年度第1回医療分野の研究開発関連の調整費の配分や調整費で進める主要な取り組み、AMEDにおける人材育成について発表しました。

調整費は、内閣府の科学技術イノベーション創造推進費555億円のうち、175億円を医療分野の研究開発関連の調整費としてAMEDに充当されるものです。
健康・医療戦略推進本部が決定した「医療分野の研究開発関連の調整費に関する配分方針」に基づき原則年2回配分を行います。

調整費で進める主な取り組みとして、認知症の包括的対策の推進、子どもの健全な成育と疾患克服に資する研究、AI等を活用した先制医療・予防医療への取り組み、AROネットワーク機能の強化、遺伝子治療・ゲノム編集等の基礎研究・臨床研究基盤整備、感染症及びがん研究での新規シーズ創出(若手研究者育成)、感染症領域でのグローバルヘルスに資する研究開発等を紹介しました。

  • 写真・会場の様子
  • 写真・末松理事長

資料

過去に開催した説明会

以前開催した内容については以下のリンクよりご覧ください。

最終更新日 平成30年6月1日