AMED事業・経営に対する取組み 理事長記者説明会

日本医療研究開発機構の取り組みについて広く社会に情報発信することを目的として、「理事長記者説明会」を随時開催しています。

令和2年度第三回説明会(令和3年3月29日)

テーマ

ムーンショット型研究開発事業について

令和2年度第3回の理事長記者説明会では、主に以下の内容について発表しました。詳しくは資料をご覧ください。

  • ムーンショット型研究開発事業について

ムーンショット型研究開発事業について、理事長から概要を説明しました。
また、平野俊夫ムーンショットプログラムディレクター(量子科学技術研究開発機構 理事長)からムーンショットプログラムディレクターとしてのメッセージや令和3年2月に採択したプロジェクトマネージャー、今後の予定等について具体的にご説明いただきました。 

  • 三島理事長の写真AMED 三島理事長
  • 平野プログラムディレクターの写真平野俊夫ムーンショットプログラムディレクター

資料

令和2年度第二回説明会(令和2年12月25日)

テーマ

AMEDの最近の取組等について

令和2年度第2回の理事長記者説明会では、主に以下の内容について発表しました。詳しくは資料をご覧ください。

  • データ利活用推進基盤の構築について
  • AMEDによるCOVID-19関連研究開発の支援状況について 等

データ利活用推進基盤の構築については、デジタル社会における医療研究開発を推進するプラットフォーム構築の取り組みを、理事長のイニシアティブ第1弾として説明しました。

また、AMEDによるCOVID-19関連研究開発の支援状況について紹介し、2名の研究者(国立感染症研究所病原体ゲノム解析研究センター 黒田誠 センター長、東京大学医科学研究所 河岡義裕 教授)からも研究成果をご説明いただきました。

  • 記者説明会(AMED三島理事長の写真)AMED 三島理事長
  • 記者説明会(黒田先生の写真)黒田誠先生
  • 記者説明会(河岡先生の写真)河岡義裕先生

資料

令和2年度第一回説明会(令和2年8月28日)

テーマ

AMEDの最近の取組等について

令和2年度第1回の理事長記者説明会(オンライン開催)では、最近の取組等について発表しました。

  • AMEDの研究開発推進体制と最新の取組状況について
  • 令和2年度調整費(理事長裁量型経費)について

AMEDの研究開発推進体制については、第2期中長期目標期間がスタートして新たな体制となったAMEDの研究開発推進体制や、理事長の今後の推進方針に加え、各プロジェクトのプログラムディレクターの推進方針等を説明しました。

また、新型コロナウイルス感染症対策に関連する研究開発等に関する最新の取組状況も紹介しました。

調整費は、医療分野の研究開発関連の調整費としてAMEDに充当されるもので、年間175億円が確保されています。

具体的内容については、健康・医療戦略推進本部が決定している配分方針に沿って、プログラムディレクターや研究者等からのニーズも踏まえてAMED理事長が提案し、健康・医療戦略推進本部で決定されました。記者説明会ではその内容について説明しました。

三島理事長の写真AMED 三島理事長

資料

過去に開催した説明会

掲載日 令和2年9月3日

最終更新日 令和3年4月1日