AMEDについて AMED事業・経営に対する取組み

理念

AMEDは 、 医療分野の 研究開発 及び その環境整備の中核的な役割を担い、 「医療分野の研究成果を一刻も早く実用化し、患者さんやご家族の元にお届けすること」を目指し ます。

運営方針

  • 基礎から実用化までの一貫した医療研究開発を推進し、研究開発の成果の普及と円滑な実用化を図ります。
  • 研究開発を推進する触媒となり、医療イノベーション創出への道を拓きます。
  • 研究成果の実用化に向けて産学連携の支援を行います。
  • 海外機関と連携して国際動向を踏まえた共同研究を推進します。
  • 研究費の効果的な運用や業務の効率化について改善を続けます。
  • 適正な研究実施のための不正防止や法令遵守に取り組みます。

評価・運営体制

研究開発課題の評価及び業務運営の体制や事業推進コンセプト等について掲載しています。また、プログラムディレクター(PD)、プログラムスーパーバイザー(PS)、プログラムオフィサー(PO)、評価委員について掲載しています。

研究・経営評議会

機構の運営にして審議する研究・経営評議会の資料を掲載しています。

アドバイザリーボード

機構の業務について助言するアドバイザリーボードの資料を掲載しています。

研究費の運用

研究費の機能的運用や研究機器の合理的運用の取扱い等について掲載しています。

医療研究開発推進に関する医療経済的な視点も踏まえた今後の在り方検討委員会

最終更新日 令和2年12月3日