公募情報 海外 令和2年度 【公募予告】「再生医療実用化研究事業」に係る公募(一次公募)について

基本情報

公募の段階 予告
開発フェーズ 非臨床研究・前臨床研究,臨床試験,治験
分野 再生医療
公募締め切り 令和元年12月上旬
お問い合わせ先
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 戦略推進部 再生医療研究課 再生医療実用化研究事業 担当
住所: 〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目7番1号 読売新聞ビル22階
TEL: 03-6870-2220
E-mail: saisei3“AT”amed.go.jp
備考:
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。
※お問い合わせはE-mailにてお願いいたします。

公募内容

国立研究開発法人 日本医療研究開発機構では、令和2年度「再生医療実用化研究事業」の研究開発課題の一次公募として、以下の2つの課題に係る公募を行う予定です。

  • 多能性幹細胞(iPS/ES細胞)、体性幹細胞等を用いて、再生医療等安全性確保法に従って実施する臨床研究
  • 多能性幹細胞(iPS/ES細胞)、体性幹細胞等を用いて、企業の協力を得ながらプロトコールを組む医師主導治験 

詳細につきましては、公募開始時に掲載する公募要領をご参照ください。
※公募開始予定:11月1日(金)
※公募開始前は、公募内容についてお問い合わせいただいても回答できませんのでご容赦願います。

事業概要

再生医療実用化研究事業では、我が国において最新の再生医療を世界に先駆けて本格的に実用化することを目指し、再生医療等安全性確保法に基づく臨床研究の研究課題や医薬品医療機器等法に基づく医師主導治験の研究課題等に対する支援を行います。

事業の案内ページ

公募期間

令和元年11月上旬 ~ 令和元年12月上旬

公募説明会

説明会は東京と大阪の2会場で開催いたします。

東京会場

開催日時:
令和元年11月8日(金)14時から (受付開始13時30分) 
※説明時間は30分程度。その後、希望者には個別質問対応を行います

会 場:
フクラシア八重洲(東京) D会議室
東京都中央区八重洲2丁目4−1 ユニゾ八重洲ビル 3F
東京会場アクセス  

大阪会場

開催日時:
令和元年11月14日(木)14時から (受付開始13時30分) 
※説明時間は30分程度。その後、希望者には個別質問対応を行います

会 場:
TKPガーデンシティ東梅田 カンファレンスルーム7A
大阪府大阪市北区曾根崎2丁目11-16 梅田セントラルビル
大阪会場アクセス
※説明会後、個別に質問等の対応を希望される方は参加申込みフォームからお申込みください。
 (希望者多数の場合は個別ではなく希望者合同による質疑応答形式をとらせていただきますので、ご容赦ください)
 
説明会当日は、申込み後に自動送信されるメール「件名:令和2年度 再生医療実用化研究事業(一次公募)公募説明会」のコピーをご持参の上、お越しくださいますようお願いいたします。
 
※配布資料はございませんので、公募要領は各自印刷の上、持参くださいますようお願いいたします。
 

掲載日 令和元年10月17日

最終更新日 令和元年10月17日