公募情報 若手 女性 海外 令和2年度 【公募予告】「再生医療実現拠点ネットワークプログラム(幹細胞・再生医学イノベーション創出プログラム)」に係る公募について

  • 令和元年11月5日

更新履歴

令和元年11月20日 公募説明会を更新しました。

基本情報

公募の段階 予告
開発フェーズ 基礎的,応用
分野 再生医療
公募締め切り 令和元年12月~
お問い合わせ先
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 戦略推進部再生医療研究課 再生医療実現拠点ネットワークプログラム(幹細胞・再生医学イノベーション創出プログラム) 公募担当
住所: 東京都千代田区大手町1丁目7番1号 読売新聞ビル22階
E-mail: rminnov"AT"amed.go.jp
備考:
※E-mailは上記アドレス”AT”の部分を@に変えてください。
※お問い合わせは必ずE-mailでお願いいたします。

公募内容

国立研究開発法人日本医療研究開発機構では、令和2年度「再生医療実現拠点ネットワークプログラム(幹細胞・再生医学イノベーション創出プログラム)」に係る公募を行う予定です。
詳細につきましては、公募開始時に掲載します公募要領をご参照ください。

※今後の予算成立の状況等により変動することがあります。大きな変動があった場合には研究課題の募集自体が無くなる可能性があります。

事業概要

幹細胞・再生医学分野の発展および次世代の再生医療の革新的な医療の実現や幹細胞を用いた創薬応用に資する、独創的な発想に基づく目標達成型の基礎的研究の支援を行います。

国際的競争力の高い研究成果が期待できる、革新的・独創的な発想に基づく優れた研究を重視します。また、幹細胞・再生医学分野におけるイノベーション創出に資する異分野連携・国際性を有する研究も重視します。さらに、今年度は、本分野における相乗的な発展を目指した国際共同研究も支援します。本公募枠については、英国医学研究会議(MRC: Medical Research Council)との共同公募となりますので、Pre-call announcement をご参照ください。

事業案内ページ

再生医療実現拠点ネットワークプログラム(幹細胞・再生医学イノベーション創出プログラム)

対象者

申請は、大学等(学校法人、公的研究機関、および公益法人等の公的性格を有する機関でAMEDが認めるもの。詳細については、公募要領参照)に所属する者に限ります。一般枠と若手研究者に限定した枠を設けます。

※若手研究者とは

令和2年4月1日時点において、年齢が、男性の場合は満40歳未満の者(昭和55年4月2日以降に生まれた者)、女性の場合は満43歳未満の者(昭和52年4月2日以降に生まれた者)、又は博士号取得後の期間が10年未満の者。ただし、産前・産後休業及び育児休業をとった者は、満40歳未満又は満43歳未満の制限に、その日数を加算することができます。

公募期間

令和元年12月~

公募説明会

開催日:令和元年12月10日(火)13時00分 (受付12時40分) から(予定)

会 場:国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 20階 201会議室
東京都千代田区大手町1-7-1読売新聞ビル

参加申込締切: 12月6日(金)正午
参加を希望される場合には、以下の参加申込みフォームからお申込みください。
▶▶ お申込みフォーム

説明会にご参加いただくには、事前の参加登録が必要です(事前の参加登録を行っていない方は、説明会に参加できません)。
お申込みフォーム中の「事前質問」について、入力いただいたすべてのご質問に対して回答できない場合がございますので予めご了承ください。
当日は、お申込み後の自動送信メール(件名:【参加登録完了】令和2年度再生医療実現拠点NWP(幹細胞・再生医学イノベーション創出プログラム)公募説明会)を印刷してご持参して、読売新聞ビル1階の専用受付までお越しください。

※同日15時(受付14時30分)から同会場において「再生医療実現拠点ネットワークプログラム(技術開発個別課題)」の公募説明会が開催されます。15時からの公募説明会に参加を希望される場合は別途お申し込みください。

最終更新日 令和元年11月20日