公募情報 若手 女性 海外 令和2年度 【公募予告】「次世代がん医療創生研究事業」に係る公募について

  • 令和元年12月26日

基本情報

公募の段階 予告
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,該当なし
分野 がんに対応した研究
公募締め切り 令和2年2月上旬
お問い合わせ先
日本医療研究開発機構 戦略推進部がん研究課 次世代がん医療創生研究事業 公募担当
TEL: 03-6870-2221
E-mail: koubo-jisedai“AT”amed.go.jp
備考:
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。

公募内容

国立研究開発法人 日本医療研究開発機構では、令和2年度(2020年度)「次世代がん医療創生研究事業」に係る公募を行う予定です。
本公募では、下記の研究開発課題を募集します。

①公募タイプ
Ⅰ.標的探索研究タイプ(ユニット型) 研究領域A~E
Ⅱ.応用研究タイプ(ユニット型) 研究領域A~E

②「Ⅰ.標的探索研究タイプ(ユニット型)」の対象
がんの発症・進展のメカニズムの解明を進めることにより、当該領域におけるシーズ探索や、創薬ツール開発のための研究を行い、研究期間中に有用性の高いがん治療薬や早期診断法の開発に繋がるシーズを取得することを目指す研究を対象とします。

③「Ⅱ.応用研究タイプ(ユニット型)」の対象
がんの発症・進展のメカニズムの解明の著しい進捗や、有用性の高いがん治療薬や早期診断法の開発に繋がる具体的なシーズを有し、研究をさらに発展させることにより、研究開発実施期間終了時までに、実用化に向けた企業導出や非臨床試験、それに続く臨床への応用など、次のステージに研究開発を進める事ができる研究を対象とします。

研究領域A~Eについては事業の案内ページでご確認ください。
詳細につきましては、公募開始時に掲載いたします公募要領をご参照下さい。

事業概要

次世代がん医療創生研究事業は、次世代のがん医療の創生に向け、がんの生物学的特性の解明に迫る研究と、がん患者のデータに基づいた研究及びこれらの融合研究を推進することにより、革新的な治療薬や診断・予防のためのバイオマーカー等の開発・実用化を目的とした研究の加速化を目指します。
本公募では、「標的探索研究タイプ」(ユニット型)および「応用研究タイプ」(ユニット型)の研究開発課題について公募を行う予定です。

事業の案内ページ

公募期間

令和2年1月上旬 ~ 令和2年2月上旬

公募説明会

開催日時:令和2年1月17日(金)(予定) 10時00分~12時00分頃
※説明時間は1時間程度。その後、希望者には個別質問対応を行います。
※個別相談について、希望者には当日受付にて先着順に整理券を配付し、全体説明が終わり次第、
 順番に相談ブースへご案内いたします。全体説明後、会場にてお待ちください。

【注意】公募要領、提案書等は、公募開始後、公募情報一覧の『令和2年度「次世代がん医療創生研究事業」に
    係る公募について』HPより各自ダウンロードいただき、持参してください。

会場:AMED本部(東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞ビル)
20階201会議室(受付:1Fロビー)

参加申し込み

説明会にご参加いただくには、事前の参加登録が必要です。
参加を希望される場合には、下記の「参加申込みフォーム」からお申込みください。
申込み〆切:令和2年1月16日(月)正午

最終更新日 令和元年12月26日