公募情報 平成31年度 【公募予告】「医療分野研究成果展開事業(先端計測分析技術・機器開発プログラム)」に係る公募について

  • 平成31年1月23日

基本情報

公募の段階 予告
開発フェーズ 基礎的,応用
分野 医療機器開発
公募締め切り 平成31年3月下旬
お問い合わせ先
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 産学連携部 医療機器研究課 医療分野研究成果展開事業(先端計測分析技術・機器開発プログラム) 先端計測 担当:才川、君島
住所: 〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目7番1号 読売新聞ビル23階
TEL: 03-6870-2213
E-mail: amed-sentan"AT"amed.go.jp
備考:
(E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください)

公募内容

国立研究開発法人日本医療研究開発機構では、平成31年度「医療分野研究成果展開事業(先端計測分析技術・機器開発プログラム)」に係る公募を2月上旬に行う予定です。詳細につきましては、公募開始時にAMEDホームページに掲載いたします公募要領をご参照ください。

事業概要

医療分野研究成果展開事業/先端計測分析技術・機器開発プログラムの目的は、日本発の革新的医療機器につながる技術・機器・システムの開発です。AMED「オールジャパンでの医療機器開発」体制の最も初期フェーズのプログラムで、新しい原理や革新度の高い「技術シーズ」を核とし、6~8年程度後の実用化を目指す研究開発課題を推進します。

本プログラムは、将来の医療の革新へとつながる有望な「技術シーズ」を発掘・完成させ(要素技術開発タイプ)、原理実証を行うプロトタイプ機を開発する(機器開発タイプ)課題を推進します。生み出された成果は、将来的に新規の医療機器等や、今までに知られていないターゲット(マーカーや症状)の探索・解明を目的とした計測分析機器等として製品化され、国内外の医療現場における普及と市場の獲得を目指します。

本プログラムの推進対象には、医療機器等として診断機器に加えて治療機器、予防的介入を目的とした機器に関する提案も含みます。医療機器等の他に、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(昭和35年法律第145号。以下、「薬機法」という。)上は医療機器ではないが医療目的に用いられる機器に関する提案も対象とします。また、6~8年程度後に新たな診断・治療・予防的介入を目的とした技術を創出するために、今までに知られていない(既知でない)ターゲット(マーカーや症状)の探索解明を目的とした計測分析技術・機器・システムに関する提案も対象とします。

なお、本プログラムでは、将来の医療機器開発を牽引する若手の研究者の応募を推奨します。

事業の案内ページ

公募期間

平成31年2月上旬 ~ 平成31年3月下旬

公募説明会

公募説明会は「産学連携医療イノベーション創出プログラム」基本スキーム(ACT-M)、セットアップスキーム(ACT-MS)と同時開催です。
公募説明会への出席は必須ではありません。
当日は公募内容の説明と公募要領の不明点に関するご質問に回答いたします。
(提案内容に関するご質問、ご相談は受け付けられませんのでご了承ください)

東京会場

【日時】2月7日(木)14時00分~16時00分(13時30分受付開始)
14時00分~14時40分 先端計測分析技術・機器開発プログラム 公募説明
14時40分~15時00分 医療機器の研究開発マネジメントにおけるチェックポイントに関する説明
15時00分~16時00分 産学連携医療イノベーション創出プログラム(ACT-M/ACT-MS) 公募説明
【場所】サンケイプラザ3階(西側)303、304会議室
アクセスマップ
【定員】120名(定員になり次第、締め切らせて頂きます)
※終了しました。

大阪会場

【日時】2月8日(金)14時00分~16時00分(13時30分受付開始)
14時00分~14時40分 先端計測分析技術・機器開発プログラム 公募説明
14時40分~15時00分 医療機器の研究開発マネジメントにおけるチェックポイントに関する説明
15時00分~16時00分 産学連携医療イノベーション創出プログラム(ACT-M/ACT-MS) 公募説明
【場所】新大阪丸ビル別館1階 1-1会議室
アクセスマップ
【定員】100名(定員になり次第、締め切らせて頂きます)
※終了しました。

福岡会場

【日時】2月20日(水)16時30分~18時30分(16時00分受付開始)
16時30分~17時10分 先端計測分析技術・機器開発プログラム 公募説明
17時10分~17時30分 医療機器の研究開発マネジメントにおけるチェックポイントに関する説明
17時30分~18時30分 産学連携医療イノベーション創出プログラム(ACT-M/ACT-MS) 公募説明
【場所】九州大学 病院キャンパス 総合研究棟1階105セミナー室
アクセスマップ
【定員】50名(定員になり次第、締め切らせて頂きます)
※終了しました。

仙台会場

【日時】2月22日(金)15時00分~17時00分(14時30分受付開始)
15時00分~15時40分 先端計測分析技術・機器開発プログラム 公募説明
15時40分~16時00分 医療機器の研究開発マネジメントにおけるチェックポイントに関する説明
16時00分~17時00分 産学連携医療イノベーション創出プログラム(ACT-M/ACT-MS) 公募説明
【場所】東北大学 医学部3号館7階 共用会議室
アクセスマップ
【定員】50名(定員になり次第、締め切らせて頂きます)
※終了しました。

動画配信のご案内

公募説明会(東京)当日の様子を外部の動画配信サービスサイト(youtube)で配信します。

スライド資料

応募方法

本プログラムの応募対象者は、産(企業等)と学(大学等)が連携しかつ医師(臨床医)が参画した開発チームです。2月上旬にAMEDホームページにて公開される公募要領に従い、研究開発代表者がe-Rad(府省共通研究開発管理システム)を通じて応募申請してください。

「産(企業等)」を含む全ての分担機関の「研究機関登録」と「研究開発分担者の研究者番号の取得」が必要になります。「研究機関登録」と「研究者番号の取得」には2~3週間かかります。十分な時間的余裕を持って手続きいただきますようご注意申し上げます。

応募先

最終更新日 平成31年1月23日