公募情報 若手 女性 平成31年度 【公募予告】平成31年度 「地球規模保健課題解決推進のための研究事業(日米医学協力計画)の若手・女性育成のため日米共同研究」に係る公募について― Infectious Diseaseases and Immunology Research: U.S.-Japan Cooperative Medical Sciences Program Collaborative Awards, 2019

  • 平成30年10月5日

基本情報

公募の段階 予告
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,臨床試験,観察研究等
分野 新興・再興感染症に対応した研究,健康・医療戦略の推進に必要となる研究開発
公募締め切り 平成31年12月中旬
お問い合わせ先
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 国際事業部 国際連携研究課 地球規模保健課題解決推進のための研究事業(日米医学協力計画) 公募担当(園田)
住所: 〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目7番1号 読売新聞ビル23階
TEL: 03-6870-2215
E-mail: nichibei“AT”amed.go.jp
備考:
※E-mailは上記アドレス”AT”の部分を@に変えてください。
※お問い合わせは必ずE-mailでお願いいたします。

公募内容

平成31年度「地球規模保健課題解決推進のための研究事業(日米医学協力計画)の若手・女性研究者育成のための日米共同研究」に係る新規公募を行う予定です。詳細は、公募開始時に掲載する公募要領をご覧ください。

※以下の日米医学が対象とする分野について公募を予定しています。

  • 感染性疾患
  • 感染性疾患にかかる免疫
  • 感染症と関連した栄養・代謝

※公募開始前は、公募内容についてお問い合わせいただいても回答できませんのでご容赦願います。

事業概要

昭和40年の佐藤総理大臣と米国ジョンソン大統領の共同声明に基づき、アジア地域にまん延している疾病に関し、日米両国が共同で研究を行うこととして、閣議了解により日米医学協力計画が発足しました。現在、ARI、結核、コレラ、エイズ、肝炎、ウイルス性疾患、寄生虫疾患、栄養・代謝、がん、免疫等の10の専門部会を設置し、それぞれの専門部会において取り組むべき課題について日米共同でガイドラインを策定し、これに基づき両国において研究を行っています。

公募期間

平成30年10月上旬 ~ 平成31年12月中旬

最終更新日 平成30年10月5日