公募情報 海外 令和2年度 【公募予告】「中央IRB促進事業」に係る公募(2次公募)について

基本情報

公募の段階 予告
開発フェーズ 該当なし
分野 革新的医療技術創出拠点
公募締め切り 令和2年2月上旬
お問い合わせ先
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 臨床研究・治験基盤事業部 臨床研究課 中央IRB促進事業担当
住所: 〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目7番1号 読売新聞ビル21階
TEL: 03-6870-2229
E-mail: rinsho-kakushin"AT"amed.go.jp
備考:
※E-mailは上記アドレス"AT"の部分を@に変えてください。

公募内容

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)では、令和2年度「中央IRB促進事業(2次公募)」に係る公募を1月中旬に開始する予定です。
※公募準備中ですので、詳細につきましては、公募開始時に掲載する公募要領をご参照ください。

事業概要

「中央IRB促進事業」では、審査を行うIRB、CRB側の体制や審査の効率化や質の均てん化を主たる目的として実施してきました。この4年間で当初の目的は、現在検討されている「人を対象とした医学系研究に対する倫理指針」の改正や特定臨床研究の件数の増加を含め、おおむね達成されたと考えられます。残る課題としては法に基づいて設置されたCRBのはじめての更新を令和2年度末に控え、その具体的な課題や方法を抽出するためにCRB間での情報共有を可能とする場を維持することが本事業でこれまで実施してきた取り組みの中で必要なことと考えられ、同内容については本事業の一次公募で課題が設定されています。

このほか、これまでIRB、CRBの審査の効率化、質の均てん化をして審査を実施する側に着目して来ましたが、そもそもIRB、CRBに申請される研究の質そのものの向上を得ることが、別の側面として本事業が目的とするところに通じると考えられます。このような研究の質の向上には研究を実施する研究代表者(Principal Investigator; PI)の教育の充実とともにプロジェクトマネージャー(PM)、 モニタリングや監査の担当者などの研究支援者の教育を行い、最終的にはPIと研究支援者が共同して作業に当たる環境を提供し、特にいずれの職種においても若手の時からのこの共同作業への理解を深め、対応していくことが重要と考えます。

そこで、令和2年度の本事業の二次公募では、臨床研究の質の向上を目的とした、PIおよび研究支援者の人材育成のための教育プログラムならびにこれら複数の職種の人材が共同して作業を行うためのトレーニングの場となるワークショップ等の開催による教育プログラムの作成を行うことを目的とした公募を行います。

公募期間

令和2年1月中旬 ~ 令和2年2月上旬

応募方法

府省共通研究開発管理システム(e-Rad)による応募を予定しています。郵送、持ち込みは受け付けません。
※なお、応募にあたっては研究開発代表者と所属する研究機関がe-Radに登録されていることが必要となります。登録手続きに日数を要する場合がありますので、2週間以上の余裕をもって登録手続きをしてください。

関連リンク

掲載日 令和2年1月8日

最終更新日 令和2年1月8日