公募情報 若手 平成30年度 【公募予告】「遺伝子・細胞治療研究開発基盤事業」に係る公募について

  • 平成30年6月4日

基本情報

公募の段階 予告
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,臨床試験
分野 医薬品創出
公募締め切り 平成30年7月中旬
お問い合わせ先
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 創薬戦略部医薬品研究課 遺伝子・細胞治療研究開発基盤事業 公募担当 佐々木、山田、中川
住所: 〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目7番1号 読売新聞ビル22階
E-mail: gene.therapy“AT”amed.go.jp
備考:
お問い合わせは必ずE-mailでお願い致します。
(E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください)
電話及びFaxでのお問い合わせは受け付けできません。

公募内容

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)では、「遺伝子・細胞治療研究開発基盤事業」の研究課題として、「1. 治療用ベクターの新規大量製造技術の確立」、「2. ベクター製造・非臨床・FIH試験等の研究開発拠点整備」、「3. 先端的な遺伝子・細胞治療技術の開発」に係る公募を6月中旬頃に開始する予定です。公募準備中ですので、詳細につきましては、公募開始時に掲載する公募要領をご参照ください。
 

事業概要

    アカデミアの先端的技術拠点を複数整備し、革新的なシーズを生み出すエコシステムを構築すると共に、遺伝子・細胞治療に関する実用化のための知財戦略を前提としたベクター製造技術の開発・技術基盤の整備のため、わが国に点在する多様な要素技術を可及的速やかに結集させ、先端的技術拠点と連携して、実用化を視野に入れた中核となる大量製造技術の開発拠点を確立し、遺伝子・細胞治療ネットワークを構築します。また、先端的な遺伝子・細胞治療のために必要な高度な製造技術、安全性向上技術の研究開発の加速化も目指します。

公募期間

平成30年6月中旬 ~ 平成30年7月中旬

最終更新日 平成30年6月4日