公募情報 令和2年度 【公募予告】「創薬支援推進事業―創薬シーズ実用化支援基盤整備事業―」に係る公募の中止について

本件は、公募実施を予定しておりましたが、事業における支援内容の見直しを図る必要から、このたびの公募を取りやめることといたしました。

基本情報

公募の段階 予告
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究
分野 医薬品プロジェクト
公募締め切り
お問い合わせ先
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 創薬事業部 「創薬支援推進事業―創薬シーズ実用化支援基盤整備事業―」 担当
住所: 〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞ビル22階
E-mail: id3desk”AT”amed.go.jp
備考:
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。
※お問い合わせは必ずE-mailでお願いいたします。

公募内容

国立研究開発法人日本医療研究開発機構では、令和2年度「創薬支援推進事業―創薬シーズ実用化支援基盤整備事業―」を実施する機関等の公募を行う予定です。詳細は、公募開始時に掲載する公募要領をご覧ください。

事業概要

本事業は、創薬支援ネットワークの取組を促進するとともに、創薬研究の推進に資する貴重な民間リソースやARO機能等を有機的に結びつけて、創薬支援ネットワーク機能の更なる強化、ひいてはオールジャパンでの医薬品創出の推進力を強化するために、創薬支援推進ユニットを整備し、創薬シーズ実用化支援基盤の構築に必要な経費を補助する予定です。
今般公募する創薬支援推進ユニットでは、コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチン等の開発の加速化に資する環境の整備・充実のため、臨床サンプルの供給等に係る業務を担当いただくことを予定しています。

事業の案内ページ

公募説明会

新型コロナウイルス感染症対策のため、公募説明会は開催しません。お問い合わせにつきましては、上記のメールアドレス宛に所属、氏名、連絡先を記載してご照会ください。

掲載日 令和2年8月7日

最終更新日 令和2年8月18日