公募情報 令和3年度 【公募予告】「長寿科学研究開発事業」に係る公募について

  • 令和2年11月16日

基本情報

公募の段階 予告
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,臨床試験,観察研究等,該当なし
分野 疾患基礎研究プロジェクト,老年医学・認知症,その他
公募締め切り 令和3年1月中旬
お問い合わせ先
疾患基礎研究事業部 疾患基礎研究課 長寿科学研究開発事業 公募担当
住所: 〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目7番1号 読売新聞ビル22階
E-mail: brain-d“AT”amed.go.jp
備考:
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。
※お問い合わせは必ずE-mailでお願いいたします。

公募内容

人生100年時代を迎えようとする中で、高齢者がより長く元気に活躍でき、また高齢者特有の疾患や病態等がありながらも人生の最終段階に至るまで尊厳を保ちつつその人らしく生活を送るためには、エビデンスに裏付けられた介護予防を推進するとともに質の高い医療及び介護が不可欠となります。また、医療・介護人材の確保が更に難しくなる中では、限りある人材・資源を活用し、効率的で質の高い医療・介護サービスを提供するための技術開発等が急務です。本事業では、老年医学領域において構築された研究基盤及び成果を基礎として、産官学が連携し、健康長寿社会を実現するための介護予防、医療・介護連携の充実等に資する開発研究を募集する予定です。

詳細につきましては、公募開始時に掲載いたします公募要領をご参照ください。

事業概要

  1. 高齢者に特有の疾患・病態・徴候(例:フレイル、サルコペニア等、以下「疾患等」という。)に着目し、老年医学の観点から健康寿命延伸に寄与する予防手法の開発を目標としています。
  2. 加齢に伴う身体機能の低下や日常的に高頻度で遭遇する疾患等により介護を要する状態であっても、生活の質の維持、向上が図れるケアの手法や評価方法の開発を目標としています。
  3. 質の高い医療・介護サービスが普遍的に提供できる社会基盤の整備に貢献する研究成果の創出を目標としています。
  4. 高齢者の生活に直結する研究成果を産出し、研究成果の社会実装の推進を目標としています。

事業の案内ページ

公募期間

令和2年12月中旬 ~ 令和3年1月中旬

最終更新日 令和2年11月16日