公募情報 海外 令和4年度 【公募予告】「ムーンショット型研究開発事業」に係る公募(第3回)について

基本情報

公募の段階 予告
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,臨床試験,治験,該当なし
分野 基金
公募締め切り 令和4年5月上旬
お問い合わせ先
国立研究開発法人日本医療研究開発機構
研究開発統括推進室 基金事業課(ムーンショット事務局)
E-mail: moonshot"AT"amed.go.jp
備考:
※タイトルに「第3回公募に関する問い合わせ」と明記してください。
※E-mailアドレスは"AT"の部分を@に置き換えてください。
※お問い合わせ受付は、メールのみとさせていただきます。

公募内容

国立研究開発法人日本医療研究開発機構では、令和4年度「ムーンショット型研究開発事業(2040年までに、主要な疾患を予防・克服し100歳まで健康不安なく人生を楽しむためのサステイナブルな医療・介護システムを実現)」に係わる公募を3月上旬から行う予定です。

公募サブタイトル

※要領や観点が異なるため、第2回、第3回と公募を分けております。
※本ページでは、第3回公募に関する情報を掲載します。
※第2回公募については、別ページ(令和4年度 【公募予告】「ムーンショット型研究開発事業」に係る公募(第2回)について)を参照してください。

【第2回公募】

  • ムーンショット目標7 ターゲット2(世界中のどこにいても必要な医療にアクセスできるメディカルネットワークの実現)に関する研究開発
  • ムーンショット目標7 新たなアプローチ(例:腸内細菌等)に関する研究開発

【第3回公募】

  • ムーンショット目標7 日米連携による「がんゼロ社会」に向けた研究開発

※サブタイトルは、変更になる可能性があります。
※詳細につきましては、公募開始後に公募要領をご覧ください。
※公募開始前は、公募についてお問い合わせいただいても回答できませんのでご容赦願います。

事業概要

背景・目的

健康・医療戦略推進本部において、我が国発の破壊的イノベーションの創出を目指し、従来技術の延長にない、より大胆な発想に基づく、健康・医療分野の挑戦的な研究開発(ムーンショット)を推進することが決定されました。
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、ムーンショット型研究開発制度に基づき、健康・医療分野の当該研究開発に係わる業務を行う研究推進法人として、基金を設置し、健康・医療戦略推進本部が決定したムーンショット目標の達成に向け、内閣府、文部科学省、厚生労働省および経済産業省が定めた研究開発構想の実現に向けた挑戦的な研究開発を推進します。

事業の案内ページ

公募期間

令和4年3月上旬 ~ 令和4年5月上旬

公募説明会

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)蔓延防止の観点から、公募説明会は開催しません。

応募方法

応募にあたってはプロジェクトマネージャーおよび分担者が所属する研究機関がe-Radに登録されていることが必要となります。
登録手続きに日数を要する場合がありますので、2週間以上の余裕をもって登録手続きをしてください。

応募先

掲載日 令和4年2月24日

最終更新日 令和4年2月24日