募集案内 2020年(令和2年度)HFSPフェローシップ募集のご案内

令和元年6月17日募集案内

更新履歴

令和元年6月28日 HFSPフェローシップ受賞者からのメッセージ(2016年度受賞 苅郷 友美さん)を追加しました。

HFSPフェローシッフ
募集案内

画像をクリックするとPDFファイルが表示されます

国際ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム機構(HFSPO)が実施する「ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム(HFSP)」の2020年度フェローシップの募集についてお知らせします。

HFSP(ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム)は、ライフサイエンス分野における革新的な国際共同研究を推進するため、1989年に創設された国際プロジェクトです。
HFSP Postdoctoral Fellowships は若手研究者が海外で新たな研究分野に挑戦することを支援します。

なお、採択審査・助成金の支給はHFSPOが行います。



 
助成プログラム 内容 応募資格
(日本人の場合)
助成
期間
助成額 申請締切
長期フェローシップ 
Long-Term Fellowships (LTF)
生命科学分野で博士号を取得し、海外の優れた研究室で、博士課程とは異なる研究領域を対象とした幅広い経験を積みたいと考えている研究者を支援。 ①日本以外の国のhost labへの留学であること
②申請書が主筆執筆者となっている論文が1報以上、査読が行われている国際的な学術誌に発表あるいは掲載受理されていること
③申請締切時に博士号取得から3年以内であること
④応募翌年4/1の時点でhost lab/国の在籍期間が12ヶ月以内であること
3年 生活手当14万ドル+研究費1.5万ドル 登録締切2019年
8月8日
学際的フェローシップ
Cross-Disciplinary Fellowships (CDF)
生命科学以外の分野(物理学、化学、数学、工学等)で博士号を取得し、生命科学の分野で研鑽を積みたいと考えている研究者を支援 申請締切2019年
8月22日

※留学先の国によって助成額が異なります。

募集に関する詳しい情報やガイドラインは、以下をご参照ください。

参考

HFSPフェローシップ受賞者からのメッセージ

HFSPフェローシップ受賞者から、これから応募を検討している若手研究者の方に向けてメッセージをいただいています。英語での申請書作成や、ホスト研究者とのコミュニケーションについて工夫した点など、是非参考にしてください。


実験医学online

実験医学onlineでHFSPフェローシップの審査方法等を紹介しています。

HFSPフェローシップ獲得の方法とコツ

本記事ではHFSPフェローシップ審査委員と受賞者の視点から、フェローシップ獲得に役立つコツを紹介しています。

HFSPフェローシップ申請の手引き

HFSPフェローシップの審査基準や審査の流れをご紹介しています。

お問い合わせ先

宛先 国際事業部 国際連携研究課
Tel 03-6870-2215
Fax 03-6870-2240
E-Mail amed-hfsp”at”amed.go.jp
備考

※E-mailは上記アドレス“at”の部分を@に変えてください。

最終更新日 令和元年6月28日