トピックス COVID-19関連研究開発課題情報―医療機器(診断、感染防止、治療)―

トピックス

AMEDは、COVID-19に関する治療薬関連研究として、以下の研究開発課題を支援しています。

医療機器(診断、感染防止、治療)

No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
1 新型コロナウイルス抗体検出を目的としたハイスループットな全自動免疫測定方法の開発及び同測定方法の社会実装に向けた研究 公立大学法人横浜市立大学 令和2年5月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
ELISA法とイムノクロマト法を用いた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の血清中抗ウイルス抗体(IgG)の検出技術と既存の全自動ハイスループット技術を組み合わせることで、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)抗体を「定量的」かつ「大規模」に測定することが可能となるシステムの開発を行い、速やかに社会に導入されることを目指します。
進捗・成果
(更新日:令和2年5月25日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
2 新型コロナウイルスの信頼性の高い迅速診断システムの開発 国立研究開発法人産業技術総合研究所 令和2年5月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
COVID-19を初めとする感染症において、早期発見・早期治療によって患者の負担を低減することに加え、感染拡大を防止する観点からも、迅速診断技術の開発・改良は最重要課題です。そのため、信頼性の高い迅速PCR診断システムの開発、および ELISAによる簡便・迅速抗体検査の社会実装を目指します。
進捗・成果
(更新日:令和2年5月25日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
3 医療従事者感染リスク低減を目指した、軽症COVID-19感染者等の遠隔管理システムのフィージビリティ検証と最適化の研究 日本光電工業株式会社 令和2年5月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
医療従事者への感染拡大を防ぎつつ、感染症患者の体調管理・治療判断等を遂行するため、隔離環境における患者の各種バイタルサインを自身で簡単に或いは自動的に測定し、安全な場所の医療従事者へ送信するための遠隔モニタシステムの実用化を目指します。普及拡大のため、安価・簡単で、医療施設ではない隔離環境でも設置が容易なシステムを開発、実証します。
進捗・成果
(更新日:令和2年5月25日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
4 人工呼吸器の安全性向上に関する機能開発 アコマ医科工業株式会社 令和2年5月~令和2年9月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
人工呼吸器をより安全に操作できるような機能の開発を行うと共に、当機能を実装する基板開発からセットの試作を行い、最終的に現場で安全に使用するための性能評価・EMC評価を行います。
進捗・成果
(更新日:令和2年5月25日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
5 3Dプリント可能な人工呼吸器実用化プロジェクト 独立行政法人国立病院機構 新潟病院 令和2年5月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
3Dプリンタにより製造でき、短時間で大量製造も可能な、電力を必要としない緊急用人工呼吸器を開発します。通常タイプの人工呼吸器についてはパンデミックを背景とする世界的な需要の高騰による供給途絶の可能性も考えられるため、医療崩壊を未然に防ぐための備えとして緊急用人工呼吸器の実用化を目指します。
進捗・成果
(更新日:令和2年5月25日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
6 中長期呼吸ECMOの開発と臨床評価 泉工医科工業株式会社 令和2年5月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
新型コロナウイルスによる重症呼吸不全患者の肺を休め体に酸素を送る治療のため、人工心肺装置(ECMO)が必要です。本研究では、肺が回復するまで数週間連続使用可能なECMO装置の実用化のための臨床評価を行うとともに、ECMO治療に係る医療従事者のための教育システムを開発・導入します。
進捗・成果
(更新日:令和2年5月25日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
7 新型コロナウイルス肺炎に対する高性能新規ECMO システムの有効性・安全性に関する臨床研究 国立循環器病研究センター 令和2年5月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
国立循環器病研究センターとニプロ株式会社の共同開発による「抗血栓性に優れ安全に長期間使用可能なECMOシステム」を使用し、新型コロナウイルスによる肺炎患者への中長期ECMO治療の有効性と安全性を検討するための特定臨床研究を、東京・大阪の計10施設で実施するとともに、医療従事者への教育も行います。このECMOシステムにより、患者の救命率の向上や医療従事者の負担軽減が期待されます。
進捗・成果
(更新日:令和2年5月25日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
8 迅速ウイルス検出機器導入実証 塩野谷 通
(杏林製薬株式会社 診断事業部・診断事業部長)
令和2年3月17日~令和2年3月31日 先進的医療機器・システム等技術開発事業
(基盤技術開発プロジェクト)
研究概要
新型コロナウイルス蔓延の状況下、PCR反応が15分程度のマイクロ流路型遺伝子定量装置GeneSoCを用いた検査が期待されている。そこで国内の医療施設においてGeneSoCの新型コロナウイルスに対する検査精度の確認、最適な検査プロセス、及び現場での実効性や操作性の確認を行い、実利用の加速化につなげていく。
進捗・成果
【今後の予定】
迅速ウイルス検出機器GeneSoC(ジーンソック)を全国16カ所の医療機関に導入。全217症例についてGeneSoCを用いたPCR検査を実施し、陽性症例の検出に対する有用性が確認された。本試験ではゲノムRNA の抽出法として、原則感染研マニュアルにあるQIAamp Viral RNA Mini Kitにて前処理を実施し、専用PCR試薬にて測定を行っている。本事業においてQIAamp Viral RNA Mini Kitによる前処理からの一連のプロセスによるGeneSoCでの新型コロナの検出の利便性とその妥当性が確認された。また、前処理法としては、上記以外に全自動機のmagLEAD 6gCを用いた場合でも新型コロナ既存PCR法と同様に陽性が確認されている。今回得られた結果をもとに実利用におけるさらなる利便性向上に向けた検討を継続する。
(更新日:令和2年5月22日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
9 半導体センサ技術を活用した革新的新型コロナウイルス検査機器の開発 浅井 さとみ
(東海大学・准教授)
令和2年6月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
COVID-19を初めとする治療薬がない感染症は、早期発見によって、患者を隔離し感染拡大を防止することが重要です。
本研究では、感染症を迅速に検査することを可能とするため、半導体センサ技術を活用した、従来にない新規の検査機器の開発を行い、速やかに社会実装されることを目指します。
進捗・成果
(更新日:令和2年7月13日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
10 患者の鼻腔に由来するエアロゾル・飛沫によるウイルス感染から医療者を守るための機器開発 菊地 正弘
(京都大学・助教)
令和2年7月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
COVID-19をはじめとするウイルス感染防止に使用される個人防護具には、マスク、フェイスシールド、ガウン、手袋がありますが、鼻科診療に適した個人防護具はありませんでした。日常の鼻科診療に対応した安全かつ安価なシールド器具を開発し、患者さん由来のエアロゾル・飛沫による医療従事者への感染暴露を阻止することを目指します。
進捗・成果
(更新日:令和2年7月13日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
11 LINEと連携した新型コロナウイルス感染症自宅・宿泊療養患者向けSpO2測定スマホアプリモニタリングシステムの実証研究 坂野 哲平
(株式会社アルム)
令和2年6月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
新型コロナウイルス感染症の自宅・宿泊療養者モニタリングシステムと合わせ、患者自身のスマホで簡便かつ綿密に容体管理が可能な仕組みを実証する。スマホカメラの映像からバイタル計測をするAIを医療機器プログラム化をし、生体モニタリングとチャットによる問診等の内容や各種抗体・抗原・臭覚検査を組み合わせることで、トリアージ・重症化予測・感染リスク及び療養終了時期の医療判断サポートを行う。
進捗・成果
(更新日:令和2年7月13日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
12 高感染リスク空間における気流制御によるゾーニング効果の検証 高辻 利之
(国立研究開発法人産業技術総合研究所・研究部門長)
令和2年6月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
感染症を防止する手法として、弱い気流を適切に制御することにより、空間を区切ったり、汚染空気を吸引したりするものがあります。しかしながら、その効果を確認するために必要な微風速、特に三次元風速の測定は容易ではありません。そこで、簡易型三次元気流センサ及びその校正手法を開発することにより、気流制御による感染症防止手法の効果の検証法について検討します。
進捗・成果
(更新日:令和2年7月13日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
13 ナノポア技術と機械学習を用いた新型コロナウイルス検査法に関する研究 谷口 正輝
(大阪大学・教授)
令和2年6月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
本研究では、鼻咽腔拭い液をろ過するだけの前処理で、希釈したろ液をナノポア技術で計測し、得られるイオン電流―時間波形の機械学習を行い、新型コロナウイルスを15分以内、99%以上の精度で検出する新型コロナウイルス検査法を実証します。
進捗・成果
(更新日:令和2年7月13日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
14 コロナウイルスを迅速・高精度に診断する自動機器に関する研究開発 田原 栄俊
(広島大学・教授)
令和2年6月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
本研究では、新型コロナウイルス検査のための採取検体(鼻咽頭スワブ、唾液、血液)から、安全キャビネット内で検査作業前の検体前処理の自動化およびSARS-CoV-2 qRT-PCRの自動化システムの構築を行い、ボトルネックとなっている検体前処理および検査のスピードや検査精度管理レベルを上げ、全国の臨床検査センターでの利用可能な自動検査システムを構築する。
進捗・成果
(更新日:令和2年7月13日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
15 ウイルス感染症の陽性後隔離中の入院患者に対するリアルタイムバイタルサインモニタリングを備えた遠隔診療支援システムの実証研究 野口 邦晴
(セコム医療システム株式会社・担当次長)
令和2年6月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
新型コロナウイルス等重症感染症隔離病棟、疑い患者入院病室および発熱外来等において、リアルタイムバイタルモニタリング(呼吸状態、酸素飽和度、心電図、血圧、体温、血糖値等)に加えビデオ通話等の機能を備えた遠隔診療支援システムを用いて、医療従事者の感染リスクの低減を目的とした有用性の検証を行う。
進捗・成果
(更新日:令和2年7月13日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
16 COVID-19を含む感染症マルチプレックス診断機器の開発と実証研究 三浦 隆昭
(デンカ株式会社・所長)
令和2年6月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
人的リソースが限られた中でも、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)をはじめ、各種呼吸器感染症病原体をマルチプレックスで検出することを可能とする、検出試薬の開発ならびに検体からの前処理工程(核酸抽出)や検出などに利便性の高い装置の開発・実証を行います。
進捗・成果
(更新日:令和2年7月13日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
17 遠隔画像診断・非曝露撮影機能を実装するCT検診車を用いた院外療養中の感染者における新型コロナウイルス肺炎の早期診断の有用性に関する実証研究 山城 恒雄
(横浜市立大学・准教授)
令和2年6月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)では、軽症者や無症候感染者にも肺炎が発生し、一定の割合で重症化することが知られています。今回、専用のCT検診車を用いて院外療養中のCOVID-19の患者さんに対して出張型の胸部CTを行い、肺炎の早期発見や有効な療養・受療に活用することを目指します。また、クラスター発生疑い施設へのCT検診車の派遣など、機動力を生かした新しい対応策を提唱することを模索します。
進捗・成果
(更新日:令和2年7月13日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
18 デジタルELISA法による超高感度全自動新型コロナウイルス迅速診断システムの開発 吉村 徹
(アボットジャパン株式会社・研究所長)
令和2年6月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
超高感度全自動デジタルELISA装置により、新型コロナウイルス抗原をPCRと同レベルの超高感度で、PCRより圧倒的に簡単・迅速に検出する。多くの人の検査を可能とし、感染している人を迅速に見極め自宅待機や入院としたり、そうではない人を速やかに経済活動に戻す役割を担うことで、行動規制なく経済活動を実施する“ウイルス共生期”を実現する。
進捗・成果
(更新日:令和2年7月13日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
19 安心・安全をモットーとしたウイルス感染症対策のための医療用コンテナの活用に関する研究開発 渡邉 栄三
(千葉大学・特任教授)
令和2年6月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
感染症防止策として病院外部で診察・検査(PCRやポータブルX線撮影等)・処置等ができる感染症対策用コンテナを開発する。また、感染拡大が見込まれる地域などへの移動・設置ができる可搬式コンテナの有利性を勘案し、全国各地で感染症対策としてコンテナを活用する際のガイドライン・マニュアル等を作成する。さらにはマーケティング戦略の立案等コンテナの拡販を進め、本事業を継続的なものとし、感染拡大の防止や、医療機関の業務継続(医療崩壊の防止)を推進する。
進捗・成果
(更新日:令和2年7月13日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
20 水際対策に寄与するための非接触体温計測(サーモグラフィ等)技術の信頼性向上 雨宮 邦招
(国立研究開発法人産業技術総合研究所・研究グループ長)
令和2年6月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
新規感染症の防疫強化・現場負担の軽減、経済活動の早期正常化に資する、非接触体温計測の高精度化と信頼性向上のための技術を開発します。発熱者検知に用いるサーモグラフィを現場で正しく調整するための温度基準、平面黒体(基準赤外線放射体)を高精度化し、サーモグラフィの性能や現場環境の影響などによる誤差要因を検証します。
進捗・成果
(更新日:令和2年7月13日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
21 SARS-CoV-2吸着カラムの開発 猪阪 善隆
(大阪大学・教授)
令和2年6月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
従来のエンドトキシン吸着カラムを改良し、SARS-CoV-2ウイルスと結合能を有するACE2のPDペプチドも同時に固定化した吸着カラムを作製することにより、サイトカインや炎症細胞に加え、SARS-CoV-2ウイルスも吸着する改良カラムを用いて、重症COVID-19患者の治療を行います。
進捗・成果
(更新日:令和2年7月13日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
22 コロナウイルス等呼吸器系感染症患者の動脈血中酸素飽和度等バイタルサインモニタリングデバイス及び統合管理システムの開発と改良評価 小林 健
(国立研究開発法人産業技術総合研究所・研究チーム長)
令和2年6月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
本研究では宿泊・自宅療養患者の動脈血中酸素飽和度(SpO2)、心拍数、呼吸数、体温をモニタリングする貼付型無線センサデバイス、患者が病状を入力できるスマホアプリ、これらデータの統合管理システムを開発する。
本システムで医療従事者が容体急変を迅速に察知し、人工呼吸器適用や病院への移動等の判断を支援することを目的とする。
進捗・成果
(更新日:令和2年7月13日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
23 ウイルス等感染症対策に資する宮崎県周産期医療体制強化の実証研究 鮫島 浩
(宮崎大学・教授)
令和2年6月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
周産期医療体制で重要な役割を担うweb連携体制と、宮崎県独自の胎児分娩監視の共同監視Web体制の基盤を強化し、母体のバイタル情報と感染症診断に有用な画像情報等を加え、母児双方の情報を遠隔モニタリングできる体制を構築することで、母児の周産期予後を改善させることを目指します。
進捗・成果
(更新日:令和2年7月13日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
24 呼吸安定性時間(Respiratory Stability Time:RST)を用いたCOVID-19感染症患者に対する重症化指標に関する研究開発 澤 芳樹
(大阪大学・教授)
令和2年6月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
本事業では、ベッドに敷いた体動センサで検出した睡眠時の呼吸、心拍等の情報から呼吸安定性時間(RST)を算出し、COVID-19 の重症化の早期検知に有用であるかを評価します。RSTは非侵襲かつ簡便に心不全の悪化を予測する因子として治験が実施されており、COVID-19の重症化を早期に感知できれば、迅速かつ効果的な医療の提供に結び付くことが期待されます。
進捗・成果
(更新日:令和2年7月13日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
25 呼吸音遠隔モニタシステムに関する研究開発 志馬 伸朗
(広島大学・教授)
令和2年6月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
COVID-19診療では、医療従事者への感染防止の観点から患者との直接的接触を極力回避したうえで、呼吸状態を定期的あるいは持続的に監視し急激な悪化時に迅速かつ的確な処置・介入判断を行うための評価機器の開発が切望される。1.医療従事者が患者に接触せずに呼吸音を集音、2.呼吸音解析により異常判別を自動取得、3.多数の患者を並行・連続的に評価、できることを特長とする呼吸音遠隔モニタシステムを開発し、COVID-19診療における呼吸異常診断精度と診療安全性向上を目指す。
進捗・成果
(更新日:令和2年7月13日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
26 SARS-CoV-2抗原の高感度迅速診断システムに関する研究開発 白木 裕章
(アークレイ株式会社・部長)
令和2年6月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
インフルエンザなど他の呼吸器感染症と同様にクリニックなどの1次医療機関で使用可能な高感度迅速診断システムの開発を行い、早期診断及びその結果による早期の治療介入に貢献できるシステムの実用化を目指します。
進捗・成果
(更新日:令和2年7月13日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
27 COVID-19罹患患者の重症化を非侵襲的にモニターするシステムの開発 野入 英世
(国立研究開発法人国立国際医療研究センター)
令和2年6月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
新型コロナウイルスは世界的な広がりの中で軽症から重症まで幅広い症状を示しています。感染爆発が生じると全症例を入院管理下におくことは難しく、第一波では簡易宿泊施設を利用した14日間の経過観察を行いました。ときに重症化する問題に取組むために、国立国際医療研究センターでの治療経過を精査した結果、尿の体外診断薬L-FABPにより、軽症のうちに重症化へ向かう症例をいち早く見出せました。そこで本研究開発では、観察期間中に簡易キットによる尿検査を行い、テレメトリー方式のL-FABP Alert Systemを提案します。
進捗・成果
(更新日:令和2年7月13日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
28 感染症等で隔離された宿泊療養での病院搬送の判定・早期治療に繋げるDtoNtoPの遠隔モニタリングシステム等の開発研究 前田 俊輔
(芙蓉開発株式会社・プロジェクトリーダー)
令和2年6月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
COVID-19の主症状である発熱をテーラーメイドにチェックし、症状と共にスマホアプリで管理して分析することで、医療リスクの高い対象者をアラーティングするシステム。更に医療機関などに(ホテル療養・介護施設を含む)在宅患者を管理するシステムを提供し、医療介入の判定支援が可能なICT遠隔健康管理を行う。今秋にもフィールド実証開始し、及び全国へのスマホアプリを提供してCOVID-19対策への有用性の検証、社会実装を目指す。
進捗・成果
(更新日:令和2年7月13日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
29 新型コロナウイルスに対するワクチン開発におけるADE評価等のための細胞開発 宮崎 和雄
(マイキャン・テクノロジーズ株式会社・代表取締役)
令和2年6月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
ワクチン開発においては、ADE評価等の安全性などの評価が重要になります。本事業では、新型コロナウイルス研究を促進させるために、マイキャン・テクノロジーズ社が開発したウイルス研究用細胞を改良します。そして、ワクチン開発の際の安全性評価としてADE評価方法やADE評価ツールの作成を行い、速やかにワクチン開発に使用されることを目指します。
進捗・成果
(更新日:令和2年7月13日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
30 新型コロナウイルスの RNA/抗原を標的とした新規診断機器の開発 安井 武史
(徳島大学・教授)
令和2年6月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
徳島大学ポストLEDフォトニクス研究所が有する最先端光科学技術の応用による新型コロナウイルスRNA/抗原の新規検出法の実用化に向け、国内トップレベルの機関・企業との産学連携コンソーシアム体制により開発を加速します。
進捗・成果
(更新日:令和2年7月13日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
31 感染症指定医療機関に於けるUV-C殺菌灯及び可視光応答光触媒を用いた感染リスク低減に関する研究開発 秋吉 優史
(大阪府立大学・准教授)
令和2年6月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
新型コロナウイルス感染者を受入れる医療機関での医療従事者の感染リスクを下げるため、防護具を脱装する前に表面のウイルス不活化を行う UV-C シャワーゲート及び手指不活化 BOX の作成、防護具表面への可視光応答光触媒塗布技術の開発と塗布状態での活性評価、UV-B 照射による殺菌・不活化効果の検証、さらに酸化タングステン系の可視光応答型光触媒を使用した空気清浄機開発も行う。
進捗・成果
(更新日:令和2年7月13日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
32 新型コロナウイルス感染症に対する222nm紫外線を用いた感染対策に関する研究開発 大毛 宏喜
(広島大学・教授)
令和2年6月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
254nm紫外線と比較して人体に安全とされる222nm紫外線照射装置(ウシオ電機株式会社が開発)を用いて、新型コロナウイルス感染症患者が使用した病室やホテルなど環境中の新型コロナウイルス不活化効果を検証し、研究成果を元に製品化を目指します。さらに既存の環境清掃に222nm紫外線照射を加える環境感染対策の確立を目指します。
進捗・成果
(更新日:令和2年7月13日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
33 新型コロナウイルス感染力阻止に関する研究開発 鈴木 康士
(株式会社シーライブ・代表取締役)
令和2年6月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
COVID-19で汚染された部屋や院内の環境浄化を目的とした、核酸分解可能なガス除染技術に依るSARS-CoV-2対応の環境除染装置システムの開発ウイルスの宿主感染、増殖の機能を断つだけの不活化ではなく、ウイルス核酸そのものを分解する根本的な感染抑止効果による、低濃度での除染工程時間の短縮と有効領域の研究を進め、無線操作と遠隔監視制御を実現する安全性確保されたウイルス除染装置システムを開発する。
進捗・成果
(更新日:令和2年7月13日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
34 院内感染等の感染拡大を防止する、付着ウイルスを高速分解可能な革新素材の開発 信正 均
(東レ株式会社・常任理事)
令和2年6月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
新型コロナウイルスは、身の周りに多数あるプラスチック上で3日間も生存するという報告があり、接触による感染拡大防止には付着後直ちに不活化する抗ウイルス素材が強く求められます。
本事業では、フェイスシールドやマスクなどに付着したウイルスを高速分解することで院内感染等の感染拡大防止に貢献する、新規抗ウイルス素材を開発・実証します。
進捗・成果
(更新日:令和2年7月13日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
34 UV-LEDによるウイルス不活化に特化した製品の開発 真島 成人
(東京エレクトロンデバイス株式会社)
令和2年6月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
新型コロナウイルス(COVID-19)をはじめとするウイルスや細菌について、化学薬品やUVランプに代わる深紫外UV-LEDを使用した不活化の有効性データと基礎的な知見を獲得します。UV-LED照射による表面殺菌、空気殺菌を行い、医療現場・公共・福祉施設で実用可能な装置を開発します。
進捗・成果
(更新日:令和2年7月13日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
35 重症COVID-19肺炎に対する水素ガス吸入療法 佐々木 淳一(慶應義塾大学・教授) 令和2年7月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
SARS-CoV-2感染が確認され、重度の低酸素血症で集中治療室に入院した挿管患者を対象として、医療用の水素酸素混合ガス供給装置を使用した水素ガス吸入療法による治療の有効性を検証します。
進捗・成果
(更新日:令和2年6月18日)
No. 研究開発課題名 研究開発代表者
(所属・役職)
実施期間 事業名
(担当部署)
36 ネットワーク型ユニットによる感染症患者ケアシステムの開発・実証 中島 毅(株式会社セントラルユニ・部長) 令和2年7月~令和3年3月 ウイルス等感染症対策技術開発事業
(医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課)
研究概要
 
進捗・成果
(更新日:令和2年6月18日)

最終更新日 令和2年9月11日