再生医療研究課 再生医療実用化研究事業

基本情報

分野 再生医療
開発フェーズ 応用,非臨床研究・前臨床研究,臨床試験,治験,市販後,観察研究等,該当なし
お問い合わせ先
戦略推進部 再生医療研究課
TEL: 03-6870-2220

概要

再生医療は、機能不全になった組織や臓器を補助・再生させる医療で、今までの治療では対応困難であった疾患に対する新たな治療法となり得るものであり、その実用化は喫緊の課題となっています。このような背景のもと、再生医療のリスクに応じた適切な安全性の確保や医療機関から外部への細胞加工の委託を可能とする「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」や、再生医療等製品の特性を踏まえて早期の実用化に対応した新たな承認審査や市販後安全対策等を内容とする「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」が平成26年11月から施行されるなど、再生医療を取り巻く環境の整備が行われたところです。

再生医療実用化研究事業では、倫理性及び科学性が十分に担保された質の高い再生医療の臨床研究や医師主導治験を実施する研究課題や、移植細胞の品質・安全性評価基準の策定に向けた研究課題など、再生医療における研究開発から実用化までの施策の総合的な推進を図り、我が国において最新の再生医療を世界に先駆けて本格的に実用化することを目指しています。

再生医療実用化研究事業

再生医療実用化研究事業の図

実施機関

実施機関につきましては、下記パンフレットをご参照ください。

再生医療研究開発2018パンフレット

研究成果報告書

研究成果報告書につきましては、下記リンクをご覧ください。

評価・運営体制

プログラムスーパーバイザー(PS)
小澤 敬也 自治医科大学 免疫遺伝子細胞治療学(タカラバイオ)講座 客員教授
プログラムオフィサー(PO)
片倉 健男 国立医薬品食品衛生研究所 薬品部 客員研究員
畠 賢一郎 株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング 代表取締役 社長執行役員

評価結果報告書

パンフレット

事業の詳細は、以下資料内の該当ページをご覧ください。

※PDFファイルを開くと表示される目次ページ、または左側に表示される目次(しおり)一覧の該当事業名をクリックしていただくと説明ページに移動します。左側にしおりが表示されない場合は、ご利用になっているソフトウェアのヘルプなどをご覧ください。

最終更新日 平成30年10月12日