再生医療研究課 再生医療の産業化に向けた評価基盤技術開発事業(国内医療機関からのヒト(同種)体性幹細胞原料の安定供給モデル事業)

基本情報

分野 再生医療
開発フェーズ 該当なし
お問い合わせ先
戦略推進部 再生医療研究課
TEL: 03-6870-2220

概要

本事業は、国内医療機関からヒト(同種)体性幹細胞原料を安定的に供給するための体制を整備するモデル構築事業です。本事業を通して研究開発担当者は、ヒト細胞原料の供給にかかる課題を克服し、自立的に持続可能な供給体制の構築を図ります。

モデル事業Aでは、医療機関を代表機関として、製薬企業等へのヒト細胞原料を供給する体制を整備し、供給を実証します。
モデル事業Bでは、仲介機関を代表機関として、医療機関から製薬企業等へのヒト細胞原料を供給する体制を整備し、供給を実証します。

ヒト他家細胞の再生医療等製品への利用は、ドナーからの同意に基づき寄託された細胞原料に由来することもあり、法律を遵守し、倫理的な視点に配慮し、社会的な透明性や受容性が高い体制で行う必要があります。そのため、これら課題を議論する有識者委員会を設立します。本委員会で、各事業者が直面する課題について議論し研究開発推進に役立てるとともに、後続事業者に有用となる情報を社会に発信し、再生医療産業の発展につなげていきます。
 
安定供給モデル事業_図

実施機関

 
モデル事業A 課題名 周産期付属物由来細胞の安定供給モデルの構築
代表機関 東京大学
研究開発担当者(所属・役職・氏名) 医科学研究所付属病院 長村 登紀子
 
モデル事業A 課題名 琉球大学を起点としたヒト(同種)体性幹細胞原料の安定供給システムの構築
代表機関 琉球大学
研究開発担当者(所属・役職・氏名) 大学院医学研究科 清水 雄介
 
モデル事業B 課題名 同種細胞を用いた再生医療のための産業利用を目的としたヒト細胞及び組織の安定供給の実証
代表機関 株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング
研究開発担当者(所属・役職・氏名) 研究開発部 執行役員 研究開発部長 井家 益和
 
モデル事業B 課題名 商業利用に対応した再生医療の産業化に向けたヒト間葉系幹細胞の安定供給事業のモデル構築と事業化に向けた体制の構築
代表機関 国立成育医療研究センター
研究開発担当者(所属・役職・氏名) 再生医療センター センター長 梅澤 明弘

評価・運営体制

プログラムスーパーバイザー(PS)
中畑 龍俊 国立大学法人京都大学 iPS細胞研究所 顧問・特定拠点教授
プログラムオフィサー(PO)
中西 淳 武田薬品工業株式会社 再生医療ユニットリサーチマネジャー
白戸 崇 東北大学病院 臨床研究推進センター 情報政策部門 部門長 准教授

最終更新日 平成30年11月12日